用語集

結晶性樹脂プラスチック とは

樹脂・プラスチックは、熱可塑性樹脂熱硬化性樹脂の2種類に分けられます。さらに、固体化しても加熱すれば形状を変形させられる熱可塑性樹脂については、結晶性樹脂と非晶性樹脂の2種類に分けれらます。

結晶性樹脂とは、ガラス転移点融点が存在します。逆に非結晶性樹脂はガラス点移転のみが存在します。また、結晶性樹脂は分子鎖が規則的に並んでいる「結晶」が存在します。非結晶性樹脂は、反対に分子鎖がランダムに存在します。但し、結晶性樹脂とはいえ、100%結晶化するわけではなく、結晶化した部分の周りには非結晶部分も存在します。

結晶性樹脂のメリットは、弾性や剛性が良く、タフネスであり、耐薬品性が良く機械的強度に優れています。デメリットとしては、外観性がクリアになりにくく、成形収縮率の値が大きいことです。

結晶性樹脂 非結晶性樹脂
汎用プラスチック 高密度ポリエチレン(HDPE) / 低密度ポリエチレン(LDPE) / ポリプロピレン(PP) ポリスチレン(PS) / ポリ塩化ビニル(PVC) / AS樹脂 / ABS樹脂 / アクリル樹脂(PMMA)
エンプラスチック ナイロン6(ポリアミド6:PA6) / ナイロン6(ポリアミド6:PA6) / ポリアセタール(POM) / ポリブチレンテレフタレート(PBT) ポリカーボネート(PC) / 変性ポリフェニレンエーテル(PPE)
スーパーエンプラスチック ポリフェニレンサルファイド(PPS) / ポリエーテルエーテルケトン(PEEK) / 液晶ポリマー(LCP)
透明性 不透明 透明な材料も存在する
硬度 比較的硬い(硬度と弾性、剛性に優れる) 比較的柔らかい(柔軟性と強靭性に優れる)
耐熱性 高い 低い
収縮率 大きい(1%以上) 小さい(1%以下)
耐溶剤性 優れる 劣る
このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-, ,

関連記事

用語集

ウレタン樹脂(PU樹脂/ポリウレタン/Polyurethane)とは

ウレタン構造 ウレタン樹脂(PU樹脂/ポリウレタン/Polyurethane)はウレタン結合によって形成されるポリマーの総称です。ウレタン結合とはイソシアネートとアルコールによって形成されるカルバマー …

用語集

シリコン樹脂(SI樹脂/Silicon/ケイ素樹脂)とは

シリコン樹脂(SI樹脂、ケイ素樹脂)とはオルガノポリシロキサン骨格を持つケイ素(Si)ベースの合成樹脂です。シリコンと酸素の強い結合を利用して製造されている樹脂で、シリコン製品に使用されている基本的な …

用語集

ポリスルフィド(POLYSULFIDES)とポリチオエーテル(POLYTHIOETHERS)-ポリメルカプタン(POLYMERCAPTANS)/ポリチオール(POLYTHIOLS)

目次1 物性2 市販ポリエーテル、ポリスルフィド3 用途 物性 ポリチオエーテルとも呼ばれるポリチオールは、主鎖にメルカプタンまたはチオエーテル機能を持​​つ化合物です。それらは通常、硫化ナトリウムと …

用語集

エステル化(Esterification)とは

エステル化(Esterification) エステル化(Esterification)とはカルボン酸をエステルに変換する化学反応です。狭義ではカルボン酸とアルコールから直接エステルを合成する方法を指し …

用語集

ポリ乳酸/ポリカプロラクトン共重合体とは 

ポリ乳酸/ポリカプロラクトン共重合体とはポリ乳酸(PLA)とポリカプロラクトン(PCL)のブロック重合によって合成されるマルチブロック共重合体です。PLAとPCLの直接縮合による合成法が主流で、オクチ …