用語集

結晶性樹脂プラスチック とは

樹脂・プラスチックは、熱可塑性樹脂熱硬化性樹脂の2種類に分けられます。さらに、固体化しても加熱すれば形状を変形させられる熱可塑性樹脂については、結晶性樹脂と非晶性樹脂の2種類に分けれらます。

結晶性樹脂とは、ガラス転移点融点が存在します。逆に非結晶性樹脂はガラス点移転のみが存在します。また、結晶性樹脂は分子鎖が規則的に並んでいる「結晶」が存在します。非結晶性樹脂は、反対に分子鎖がランダムに存在します。但し、結晶性樹脂とはいえ、100%結晶化するわけではなく、結晶化した部分の周りには非結晶部分も存在します。

結晶性樹脂のメリットは、弾性や剛性が良く、タフネスであり、耐薬品性が良く機械的強度に優れています。デメリットとしては、外観性がクリアになりにくく、成形収縮率の値が大きいことです。

結晶性樹脂 非結晶性樹脂
汎用プラスチック 高密度ポリエチレン(HDPE) / 低密度ポリエチレン(LDPE) / ポリプロピレン(PP) ポリスチレン(PS) / ポリ塩化ビニル(PVC) / AS樹脂 / ABS樹脂 / アクリル樹脂(PMMA)
エンプラスチック ナイロン6(ポリアミド6:PA6) / ナイロン6(ポリアミド6:PA6) / ポリアセタール(POM) / ポリブチレンテレフタレート(PBT) ポリカーボネート(PC) / 変性ポリフェニレンエーテル(PPE)
スーパーエンプラスチック ポリフェニレンサルファイド(PPS) / ポリエーテルエーテルケトン(PEEK) / 液晶ポリマー(LCP)
透明性 不透明 透明な材料も存在する
硬度 比較的硬い(硬度と弾性、剛性に優れる) 比較的柔らかい(柔軟性と強靭性に優れる)
耐熱性 高い 低い
収縮率 大きい(1%以上) 小さい(1%以下)
耐溶剤性 優れる 劣る
このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-, ,

関連記事

lca cfp

曲げ強さ・曲げ強度 とは

「曲げ強さ・曲げ強度」とは、曲げ荷重に対して亀裂や破壊が生じる力・応力のこと。その曲げ試験は、平板の試験片を水平にし、試験片の両端を支持して、真ん中を圧子で圧縮を与えます。その時のひずみと応力の関係か …

lca cfp

高分子(high-molecular)とは

高分子とは分子量が大きい分子を全般的に指します。分子量が小さい小分子、小分子と高分子の中間的な位置にある中分子という言葉もよく用いられています。 ただし、分子量によって具体的に高分子が定義されているわ …

lca cfp

分光透過率(spectral transmittance)とは

ある波長の輻射線を物体に当てた場合、物体を透過した輻射エネルギーと物体へ入射する輻射エネルギーとの比を物体の分光透過率またはスペクトル透過率と言います。この分光透過率を各波長に対して描いた曲線を分光透 …

lca cfp

オゾン(ozone)とは

オゾン(ozone)とは分子式ではO3と表記される気体物質です。3つの酸素原子が結合している化合物で強い酸化力を持っています。オゾンは他の物質との反応によって容易に酸素分子(O2)になります。オゾン分 …

lca cfp

ポリマー(重合体)/polymer とは

ポリマー(重合体)/polymerとは、「ポリ」が多数を意味し、「マー」は分子の繰り返しを意味します。一般的には、合成樹脂(プラスチック)のことを指します。 たとえば、ポリ塩化ビニルは、塩化ビニル(モ …