原料・素材・材料

ポリスチレン(Polystyrene/PS)とは

ポリスチレン(PS)の歴史

ポリスチレン(Polystyrene, PS)は、1930年頃にドイツにてはじめて工業化されました。その後、1937年頃にアメリカで工業化が行われましたが、第二次世界大戦があったため1946年になってから大きな発展を遂げます。
日本では、1957年になってから輸入モノマーによるポリスチレンの工業化が始まります。その間、ドイツ、アメリカに遅れ20年もの月日がありました。その後、1959年にスチレンモノマーが生産され、1960年にポリスチレン発泡体が生産、1961年にAS樹脂が生産されることになります。今ではスチレン系プラスチック製品は、一般消費者向けに多く出回っており、生産量がとても多いです。1996年の生産数量は、150万トンを越え可塑性樹脂としてメジャー素材となっています。ちなみに、ポリスチレンは、スチロール樹脂とも呼ばれています。

ポリスチレン(PS)の構造式


※画像出典:wikipedia

ポリスチレン(PS)の製造方法

ベンゼンとエチレンを組み合わせたエチルベンゼンを加熱し、スチレンモノマーを製造、その後重合を行うことでポリスチレンを製造します。ちなみに、ベンゼンと言えば発がん性物質と言われていますが、日本スチレン国業界では、ポリスチレン安全性を謳っておりますので、ご参考下さい。

ポリスチレン(PS)の特長

  • 比重がポリエチレン、ポリプロピレンに次ぎ、1.04-1.05と小さい。
  • アルカリ、酸、塩類に関する抵抗性が強い。
  • 着色が自由に行え、クリア性が高い。
  • 流動性が高く、成形加工がしやすい。成形収縮率が小さく寸法を安定的に出せます。


ポリスチレン(PS)のメイン用途

ポリスチレン(Polystyrene/PS)は食品包装用で使用されることが多く、飲料容器やインスタント容器、台所製品などの用途でよく使用されています。また、テレビやエアコン、冷蔵庫といった電化製品の用途にも使われています。その他、断熱材や発泡材、玩具、文房具などの用途にも使われています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-原料・素材・材料
-, , ,

関連記事

用語集

変性PPO(Modified Polyphenylene oxide/Modified PPO)とは

目次1 変性PPO(Modified PPO)の歴史2 変性PPO(Modified PPO)の構造式3 変性PPO(Modified PPO)の製造方法4 変性PPO(Modified PPO)の特 …

PMMA Pellet(アクリル原料ペレット)の製品物性表と製造販売メーカーを探す

目次1 PMMA Pellet(アクリル原料ペレット)とは2 三菱ケミカル株式会社 「アクリペレット」3 株式会社クラレ 「パラペット」4 住友化学株式会社5 旭化成株式会社 「デルペット」 PMMA …

用語集

ポリ塩化ビニリデン(PVDC)の特徴や用途・融点・構造式・ダイオキシンと燃焼と安全性について

目次1 ポリ塩化ビニリデン(PVdC)の歴史2 ポリ塩化ビニリデン(PVdC)の構造式3 ポリ塩化ビニリデン(PVdC)の製造方法4 ポリ塩化ビニリデン(PVdC)の特長5 ポリ塩化ビニリデン(PVd …

用語集

高密度ポリエチレン(HDPE)の特徴や用途(袋)・耐熱性・融点・接着性・加工・成形・低密度ポリエチレンとの違い

目次1 高密度ポリエチレン(High Density Polyethylene/HDPE)とは2 高密度ポリエチレン(HDPE)の歴史3 高密度ポリエチレン(HDPE)の構造式4 高密度ポリエチレン( …

PA Pellet(ポリアミド・ナイロン原料ペレット)のメーカーを探す

ポリアミド樹脂、ナイロンの特徴・用途・耐熱・劣化・構造・耐熱・難燃・毒性などの基本情報は下記ページよりご覧ください。このポリアミド樹脂 ナイロン樹脂は、自動車用タイヤコードやゴムホース、エンジン周辺部 …