用語集

プライマー(Primer)

プライマー(Primer)とは、下塗り塗料を指す言葉。被塗装物に対して塗料の接着強度を高める目的で使用します。

プライマーは、接着促進剤または化学架橋とも呼ばれ、基材と被着体の接着層として機能し、接着性を向上させます。

プライマーは主に接着が困難な表面、または湿気や熱に対する耐性に関して非常に高い要求がある用途において使用されることがあります。

あるプライマーのものには、高度に分散したシリカ酸が含まれ、表面を拡張して永久結合を促進するものもあります。

特定の接着剤と互換性のあるプライマーを選択し塗布することは、大抵の場合、基材への最適最良の接着性を達成するための最も適切な方法と言われています。

さらにプライマーは、基材に対して水または他の外部要素の侵入から表面を保護するバリア剤としても役立ちます。

なので、表面仕上げの耐久性と永久粘着性を大幅に向上させることができます。

プライマーは通常、コーティングを適切に乾燥させるため薄膜で塗布されます。そしてプライマーの接着時間を長くすくことによって、プライマーの塗布と接着プロセスは、一般的に異なるプロセスで行うことができます。

材料によっては、プライマーを塗布する前に、基材によっては「酸化前処理」が必要になる場合があります。

プライマーと架橋剤を混合することにより、基材への接着​​性とプライマーフィルムの凝集性を改善できます。一部の材料(PPなど)では、架橋剤を添加する必要があります。

プライマーを使用するメリット

  • 接着剤の普遍的な使用
  • 異なる素材・材料への接着
  • 厳しい要件を満たす密着性
  • 前処理段階の表層の保持・保護
このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-

関連記事

用語集

キラリティー(Chirality)とは

キラリティーとは分子構造の鏡像異性体が元の構造と重ね合わせられない性質を指します。鏡像異性体とは分子構造を鏡に映したときにできる回映軸対称化合物のことです。平面状の分子ではキラリティーはありませんが、 …

用語集

アクリロニトリル共重合体(Acrylonitrile Copolymers)とは

目次1 アクリロニトリル共重合体の物性2 市販のアクリロニトリルポリマー3 アクリロニトリル共重合体の用途 アクリロニトリル共重合体の物性 アクリロニトリルポリマー(ニトリルとも呼ばれる)は、アクリロ …

用語集

クロスカップリング反応(Cross Coupling Reactions)とは

クロスカップリング反応(Cross Coupling Reactions)とは異なる二種類の分子を結合させる反応を全般的に指します。同じ種類の分子を結合させるのがホモカップリング反応と呼ばれるのに対し …

用語集

六ふっ化硫黄(SF₆/sulfur hexafluoride)とは

六ふっ化硫黄(SF₆)は硫黄とフッ素から成る化合物です。沸点が-63.9℃の気体で、水や油への溶解度が低い性質を持っています。不燃性の気体で人体に対して無毒であり、無色無臭のガスとして1960年代から …

用語集

連鎖反応(Chain reaction)とは

連鎖反応(Chain reaction)とは、反応の結果として生じた生成物が活性種となって次の反応を引き起こすということが繰り返されることにより連鎖的に反応が進行していくことを指します。 化学反応では …