原料・素材・材料

ナイロン樹脂/ポリアミド(Polyamide/PA)とは

ナイロン樹脂/ポリアミド(PA)の歴史

ナイロン樹脂/ポリアミド(Polyamide/PA)は、1938年、Du Pont社のW.H.Carothersによってナイロン6-6繊維が生産スタートされました。また、I.G.社のP.Scalackによってナイロン6が誕生しました。樹脂としては1940年を過ぎてから使われはじめました。特性的に優れている部分があり、品質向上、コストダウン、成形加工技術の進展などがあり、エンジニアリングプラスチックの中でも多い使用材料となっています。

ナイロン樹脂/ポリアミド(PA)の構造式


※画像出典:wikipedia

ナイロン樹脂/ポリアミド(PA)の製造方法

ナイロン6

ε-カプロラクタムを開環、重縮合、付加をしナイロン6を製造します。

ナイロン6-6

アジピン酸とヘキサメチレンジアミンを合わせAH塩をつくり、重縮合を行ってナイロン6-6を製造します。

ナイロン樹脂/ポリアミド(PA)の特長

  • 耐熱性、耐薬品性、機械特性、耐ストレスクラッキング性、クリープ特性等に優れており、バランスのとれた材料です。
  • 押出し加工性に優れています。例えば、フィルムやシート、モノフィラメント等。
  • 成形品にした時の耐熱性、強靭性に優れています。
  • 難燃性を付与することが可能です。


ナイロン樹脂/ポリアミド(PA)の成形加工条件

射出成形

シリンダー温度:230~300℃、 金型温度:20~100℃

ナイロン樹脂/ポリアミド(PA)のメイン用途

ナイロン樹脂/ポリアミド(Polyamide/PA)は、各種電子、電気部品に使用されており、自動車や車両関係のラジエタータンクやスピードメーターギア、クーリングファンなどにも使われております。また、その他では人工芝やパイプ、食品包装用フィルム、漁網用モノフィラメントの用途にも使われております。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-原料・素材・材料
-, , ,

関連記事

塩ビシート・塩ビ板(PVC Sheet)の製造・販売メーカーを選ぶ

目次1 タキロンシーアイ株式会社(C.I. TAKIRON Corporation)2 住友ベークライト株式会社(英名: Sumitomo Bakelite Co., Ltd.)3 積水成型工業株式会 …

用語集

不飽和ポリエステル樹脂(Unsaturated Polyester Resin/UP)とは

目次1 不飽和ポリエステル樹脂(UP)の歴史2 不飽和ポリエステル樹脂(UP)の製造方法3 不飽和ポリエステル樹脂(UP)の特長4 不飽和ポリエステル樹脂(UP)の成形加工条件5 不飽和ポリエステル樹 …

PET Film(ポリエチレンテレフタレートフィルム)の製造販売メーカーを探す

目次1 PET Film(ポリエチレンテレフタレートフィルム)とは2 東レ株式会社2.1 ポリエステルフィルム ルミラー®3 東洋紡株式会社3.1 コスモシャイン・その他ポリエステルフィルム4 ユニチ …

用語集

ポリアセタール(Polyoxymethylene/POM)とは

目次1 ポリアセタール(POM)の歴史2 ポリアセタール(POM)の構造式3 ポリアセタール(POM)の製造方法4 ポリアセタール(POM)の特長5 ポリアセタール(POM)の物性6 ポリアセタール( …

アクリル樹脂・メタクリル樹脂(PMMA)の特徴・用途・構造・加工・耐熱・接着・劣化・耐熱・欠点

目次1 メタクリル樹脂/アクリル(Poly Methyl Methacrylate/PMMA)とは1.0.1 アクリルとポリカーボネートを比較してみる1.0.1.1 透明性1.0.1.2 衝撃強度1. …