用語集

ガラス転移点 とは

ポリマー分子の熱運動について、その特性が急激に変わる転移温度があります。その転移温度には、大きく分けて2つのポイントがあり、ガラス転移点と融点が存在します。

熱可塑性樹脂結晶性樹脂は、かかる温度が融点より高くなると溶融し、液状になります。逆に、冷やしていくと少しずつ粘度が上がり、ゴム状になります。最後には固化します。ゴム状態から固化状態(ガラス状態)になる境目の温度を「ガラス転移点」もしくは、2次転移点と呼びます。ガラス転移点は、通常Tgと表されています。

たとえば、チューインガムは、ポリ酢酸ビニルというポリマー分子材料から出来ています。そのチューインガムのガラス転移点は約30度です。市販されているチューインガムは硬いですが、口の中に入れることで、ガラス転移点の30度を超え、急激に柔らかくなります。この現象がまさに転移温度により特性が急激に変わることを意味しています。

このガラス転移点や融点の知識は、樹脂プラスチック成形品や製品、部品を製造する上でとても大切な要素になります。たとえば、成形品をインジェクションする場合、金型温度やシリンダー温度を管理するために転移温度知識が必要です。また、樹脂プラスチック製品を製造する上で、転移温度時のポリマー分子の動き方の知識が重要な場合があります。

ガラス転移点と熱可塑性樹脂の関係につきまして、熱可塑性樹脂のみ結晶性樹脂非結晶性樹脂の特性を有します。また、前者の結晶性樹脂には、ガラス転移点と融点が存在しますが、後者の非結晶性樹脂には、ガラス転移点のみが存在します。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-,

関連記事

lca cfp

プレポリマー(prepolymer)とは

プレポリマー(prepolymer) とは、モノマーの重合もしくは縮合反応を途中段階でストップさせた中間材料です。このプレポリマーの状態は、ポリマーの前の段階であり、硬化剤を使うことで簡単に重合や架橋 …

lca cfp

ラジカル重合(radical polymerization)とは

ラジカル重合(radical polymerization)とはラジカル連鎖反応によってモノマーを重合させる方法です。ポリエチレンなどのアルケン化合物をモノマーとするポリマー合成で昔からよく利用されて …

lca cfp

芳香族(aromatic)とは

芳香族(aromatic)とは不飽和環状化合物でベンゼン環やヘテロ環などの種類があります。不飽和結合や窒素、酸素などの非共有電子対が共役することで、エネルギー的な安定化を受けている環状化合物なのが共通 …

lca cfp

オレフィン樹脂 とは

オレフィン樹脂とは、プラスチック樹脂の中でエチレン、プロピレンなどの単独重合体、または、共重合体の樹脂のことを指します。オレフィンはアルケンとも呼ばれます。 またオレフィン樹脂は、炭化水素において二重 …

lca cfp

三ふっ化窒素(NF₃/nitrogen trifluoride)とは

三ふっ化窒素(NF₃)は1つの窒素原子と3つのフッ素原子から成る化合物です。常温常圧で無色の気体で、不燃性で無臭の気体として活用されています。皮膚や粘膜への短時間の接触による毒性は低いですが、吸入時に …