用語集

熱可塑性樹脂 とは

樹脂・プラスチックは、「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」に大枠で分けられます。

樹脂・プラスチックは常温では硬く、熱を加えると柔らかくなります。またこれを冷やすとそのままの形状で硬化しますが、さらにもう一度加熱すると再度もとの状態に戻ります。このように、温めたり冷やしたりすることで形を変えられる樹脂を「熱可塑性樹脂」といいます。

たとえば、樹脂・プラスチックのカップを火の近くに置いておいて形が変形してしまったというような例は、まさに熱可塑性樹脂と言えます。

熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の使用比率は、熱可塑性樹脂の樹脂・プラスチックが全体の90%にのぼります。
熱可塑性樹脂は、性能も使い勝手もよい一般的な「汎用プラスチック」という領域と高機能性が付与された「エンジニアリングプラスチック」という領域に区分されます。ちなみに、エンジニアリングプラスチックとは、耐久性、耐熱性、タフネスなどに優れたプラスチックのことを指し、そのエンジニアリングプラスチックの中でもさらに優れているプラスチッックのことを「スーパーエンジニアリングプラスチック」と言います。

また熱可塑性樹脂は、基礎構造が「結晶性」と「非結晶性」に分けられます。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-

関連記事

用語集

【射出成形】ヒケとボイドの不良原因と改善対策

ヒケ(sink mark)は、一般的に肉厚が厚い部分を有する成形品において、またはリブ、ボス、内部フィレットなどの場所で樹脂の収縮によって発生する局所的な表面凹み関する成形不良です。また、表面にヒケが …

用語集

共有結合(covalent bonding)とは

共有結合(covalent bonding)とは原子と原子の間に形成される化学結合の一種で、結合に関与する電子対を共有する仕組みになっています。一般的には2つの原子の両方から価電子が出されて共有される …

用語集

キャスト板(注型板)とは

MMAの製造方法には、キャスト法(注型法)と押出法があります。キャスト法(注型法)を用いて製造するキャスト板(注型板)は、ガラスのあて板の間にMMAモノマーを流し込み栓をして、一定期間重合によって硬化 …

用語集

【射出成形】バリの不良原因と改善対策

バリ(flash) 目次1 バリ(Flash)とは?2 機械のチェック3 クランプの懸念4 プロセス関連の不良問題5 バリの不良原因と改善対策 バリ(Flash)とは? 部品のバリ(Flash)は、プ …

用語集

不飽和結合(unsaturated bond)とは

不飽和結合(unsaturated bond)とは二つの隣接原子が一価ではなく、二価以上になっている結合です。有機化合物の場合にはσ結合と1つまたは2つのπ結合から成ります。 1つのσ結合と1つのπ結 …