用語集

融点とは?【融点一覧表】

融点とは、熱をかけることで固体物質が液体に変わる転移温度のことを指します。樹脂プラスチックの中で、一般的に融点が存在するのは高密度ポリエチレンポリプロピレンポリエチレンテレフタレートなどの結晶性樹脂のみで存在し、ポリ塩化ビニルアクリルなどの非結晶性樹脂にはガラス転移点のみが重要な意味を持ちます。

参考値として、結晶性樹脂の融点をご覧下さい。


結晶性樹脂の融点一覧

樹脂プラスチック名 融点の値
低密度ポリエチレン(LDPE) 130℃
高密度ポリエチレン(HDPE) 141℃
ポリプロピレン(PP) 160℃
ポリアセタール(POM) 180℃
ナイロン6(ポリアミド6:PA6) 225℃
ナイロン66(ポリアミド66:PA66) 265℃
ポリブチレンテレフタレート(PBT) 224℃
ポリフェニレンサルファイド(PPS) 290℃
ポリエーテルエーテルケトン(PEEK) 343℃

※上記はデータは参考値です。ご使用の際は、実環境でご評価頂くことをおすすめします。


また、耐熱温度を観点とし、よく融点と比較して問われる質問として、連続使用温度と荷重たわみ温度があります。

連続使用温度とは

荷重を掛けないで、継続的に使用できる温度。具体的には、該当樹脂プラスチックを40,000時間指定温度の中に置き、処理後の物性値が初期値に比べ50%以上の強度が保たれている温度を「連続使用温度」と言います。


荷重たわみ温度とは

熱変形温度とも言われ、荷重を掛けた状態で耐えられる温度。一般的には、大幅に弾性率が変化するガラス転移点温度と同等の温度値になります。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-

関連記事

lca cfp

反応性を調節する保護基(protective group)とは

保護基(protective group)とは反応性の高い置換基に対して導入し、反応性を変化させることでさまざまな反応条件に耐えられるようにするための官能基です。有機合成では複数の反応点を有する化合物 …

lca cfp

ポリオレフィン(POLYOLEFINS)・ポリアルケン(POLYALKENES)とは

目次1 ポリオレフィン・ポリアルケンの物性2 市販のポリオレフィン・ポリアルケン3 ポリオレフィン・ポリアルケンの用途 ポリオレフィン・ポリアルケンの物性 ポリアルケンとも呼ばれるポリオレフィンは、最 …

lca cfp

脆性破壊(brittle fracture)とは

物体に外力を作用させると、弾性変形・塑性変形を生じた後、破壊に至ります。破壊するまでの変形が小さく、かつ、弾性変形のみであって、永久変形がないが、あっても無視できるほどに小さい(たとえば5%以下)とき …

lca cfp

イミン(imine)とは

イミン(imine)とは炭素原子と窒素原子の間で二重結合を形成している有機化合物です。特に窒素上のもう一つの置換基が水素原子または炭素原子のときにイミンと呼び、その他の置換基の場合にはオキシムやヒドラ …

lca cfp

京都議定書(Kyoto Protocol)とは

京都議定書(Kyoto Protocol)とは「気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書」が正式名称で、1997年12月に開催されたCOP3(第3回気候変動枠組条約国会議)で採択されました。国立京 …