原料・素材・材料

エポキシ樹脂(Epoxy Resin/EP)とは

エポキシ樹脂(EP)の歴史

エポキシ樹脂(EP)とは、高分子内に存在するエポキシ基を用いて架橋ネットワーク化を行わせることで硬化できる熱硬化性樹脂の名称です。架橋ネットワーク化前のプレポリマーと硬化剤を複合して熱硬化させることで製品となりますが、プレポリマーも製品化した樹脂も同じくエポキシ樹脂と言われています。

また、エポキシ樹脂(EP)の歴史は、1939年にドイツのI.G.が特許をとったところから始まりますが、残念なことに戦時中のためアメリカでこの特許が成立しない結果になっています。反対に、スイスのCiva社が同じ時期に特許を申請し成立をさせました。


エポキシ樹脂(EP)の構造式


※画像出典:wikipedia プレポリマー


エポキシ樹脂(EP)の製造方法

プレポリマーの組み合わせは色々ありますが、最もポピュラーな組み合わせはビスフェノールAとエピクロルヒドリンの共重合です。また硬化剤としてはポリアミンなどが使用されます。


エポキシ樹脂(EP)の特長

  • エポキシ樹脂は、主剤と硬化剤を混合させることで、様々な特性をもつ成形品が出来ます。
  • 耐薬品性、耐熱性、耐摩耗性が良い。
  • 絶縁性や強度に優れています。


エポキシ樹脂(EP)の成形加工条件

注型加工

注型加工の場合、硬化剤を添加し常温もしくは加温します。

成形加工

成形温度:140~160℃  成形圧力:10~20MPa


エポキシ樹脂(EP)のメイン用途

エポキシ樹脂(EP)の用途としては、電気部品のコネクターやエポキシ樹脂とガラス繊維を組み合わせた積層板、耐熱部品などがあります。また、塗料や接着剤などにもエポキシ樹脂は使用されます。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-原料・素材・材料
-,

関連記事

SBC Pellet(スチレン・ブタジエン・コポリマー原料ペレット)の製品物性表と製造販売メーカーを探す

目次1 スチレン・ブタジエン・コポリマー原料ペレット(SBC Pellet)とは2 スチレン・ブタジエン・コポリマー原料ペレット(SBC Pellet)の製品物性表と製造販売メーカーを探す3 旭化成株 …

高密度ポリエチレン原料ペレット(HDPE Pellet)の製品物性表と製造販売メーカーを探す

目次1 高密度ポリエチレン原料ペレット(HDPE Pellet)とは2 旭化成株式会社 「サンテック–HD」3 株式会社プライムポリマー 「ハイゼックス」「エボリューH」4 日本ポリエチレン株式会社 …

用語集

ASA樹脂(Acrylate Sthrene Acrylonitrile/ASA)とは

ASA樹脂(Acrylate Sthrene Acrylonitrile/ASA)とは、ABS樹脂と似た物性を持つプラスチック樹脂ですが、ASA樹脂の方が耐候性に優れており、耐候性ABSとも呼ばれてい …

生分解性&バイオマスプラスチック製品と製造販売メーカーを探す

目次1 生分解性&バイオマスプラスチックとは?2 生分解性プラスチック(グリーンプラ)メーカー3 株式会社カネカ3.1 (株)カネカの生分解性プラスチック(グリーンプラ)製品3.1.1 カネカ …

ABS樹脂プラスチックの特性特徴や強度・成形・加工・用途・耐熱温度

目次1 ABS樹脂(Acrylonitrile Butadiene Styrene/ABS)とは1.0.0.1 ※アクリルニトリル:機械的特性、耐熱性、耐油性 に優れる1.0.0.2 ※ブタジエン:ゴ …