用語集

耐候性試験(Weathering test)とは

耐候性試験(Weathering test)とは、プラスチックの耐劣化性試験のひとつ。自然の天候、または、人工の条件下における材料やコーティングの劣化具合を調べる試験のこと。

また耐候性試験は、材料やコーティングの耐候性を決定するシステムなので、材料やコーティングが使用される製品の意思決定ツールでもあります。

耐久性を予測したり、または材料の風化中の機械的特性の変化を監視することができます。

耐候性試験(Weathering test)の試験方法には、屋外暴露試験(日光暴露・自然暴露ともいう)と人工促進暴露試験の2つがあります。

屋外暴露試験(日光暴露・自然暴露)は、試料を屋外南向き45度に設置し自然放置する方法です。この方法の欠点として、長期間かかること・試験場所や自然条件によって結果が異なることがあります。

人工促進暴露試験は、耐候性試験機を用いて自然条件より数倍強い天候条件を試験機内でつくり出し、短期間に試料の耐候性試験を行う方法です。人工促進暴露試験の試験機には、光源の名称から分類してカーボンアーク式、サンシャインカーボンアーク式、キセノンアークランプ式、メタルハライドランプ式などの耐候性試験機があります。

※ウェザオメーター(weatherometer)カーボンアーク式では、ウェザオメーター約200時間の紫外線量は、屋外に1年間暴露したときに受ける紫外線量に匹敵します。また劣化については、プラスチックの材料そのもの、またはその他外部的要因によって促進倍率が異なります。

耐候性試験で確認できること

耐候性試験では下記の劣化プロセスを確認することができます。

  • 機械的性質:
    • 破断時伸び
    • 引張特性
    • 衝撃強度
  • 目に見える特性:
    • クラック形成
    • チョーキング(白亜化)
    • 色または光沢の変化
このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-

関連記事

用語集

共重合(copolymerization)とは

共重合(copolymerization) 共重合(copolymerization)とは複数のモノマーを重合させてポリマーを合成する方法です。よく行われているのは二種類のモノマーを重合させる方法です …

用語集

生分解性プラスチック(Biodegradable plastic)とは

目次1 生分解性プラスチックとは2 生分解性プラスチックと通常のプラスチックの違い3 生分解性プラスチックの作り方3.1 1.微生物系3.2 2.天然物系3.3 3.化学合成系4 循環型社会を目指す上 …

用語集

脂肪族ポリケトン(Aliphatic Polyketones)とは

目次1 脂肪族ポリケトンの物性2 脂肪族ポリケトンの市販品3 脂肪族ポリケトンの用途 脂肪族ポリケトンの物性 脂肪族ポリケトンコポリマーは、多くの魅力的でユニークな特性を備えた比較的新しいクラスのポリ …

用語集

CPE(塩素化ポリエチレン/Chlorianted Polyethylene)とは

目次1 CPE(塩素化ポリエチレン/Chlorianted Polyethylene)とは2 CPE(塩素化ポリエチレン/Chlorianted Polyethylene)の特性3 CPE(塩素化ポリ …

用語集

酵素反応(enzyme reaction)とは

酵素反応(enzyme reaction)とは酵素を触媒として進行する反応です。酵素は生物が体内で生合成している機能性タンパク質の総称で、特定の基質を認識して反応を進行させる活性があります。エステル化 …