用語集

エンジニアリングプラスチック(エンプラ) とは

エンプラとは、エンジニアリングプラスチック(Engineering plastic)の略語であり、一般的には金属代替で使用出来得るプラスチック樹脂と言われています。

エンプラの特徴としては、耐熱性の高いことです。元々熱に弱いとされるプラスチックの性質を改良した熱に強い合成樹脂がこのエンプラです。この耐熱性能が存在することで機械的強度が良くなっています。強度や温度条件で、金属製品と汎用プラスチック樹脂製品との間で使用されることや金属部品のサブ部品として使用されるケースもあります。

しかしながら、エンプラの持つ特殊な性質がリサイクル性に悪影響を及ぼすこともあり、ベンゼン環構造が多く存在する分子構造エンプラは微生物分解性に欠くことがあります。

またエンプラ自体は、その性能が故に汎用プラスチック樹脂より比重が重く高価であり、加工性も汎用プラスチック樹脂より簡単ではありません。

用途としては、電気機械部品や筐体ハウジングに使用されています。

有名な5大汎用エンプラ樹脂としては、ポリアセタール(POM)ポリカーボネート(PC)ナイロン樹脂・ポリアミド(PA)ポリブチレンテレフタレート(PBT)ポリフェニレンオキサイド(PPO)があります。その他のエンプラ樹脂には、超高分子ポリエチレン(UHPE)やガラス繊維入りプラスチック樹脂などがあります。

▷ エンジニアリングプラスチックの製品一覧はこちら


また、汎用エンプラが耐熱性100度程度で長時間使用できるとするならば、150度程度で長時間耐熱性を発揮するエンプラ樹脂のことを、スーパーエンジニアリングプラスチックと言います。また、スーパーエンジニアリングプラスチックは、耐溶剤性にも強いです。

このスーパーエンプラの種類としては、ポリサルフォン(PSF)、ポリエーテルサルフォン(PES)、ポリイミド(PI)、フッ素樹脂(fluorocarbon polymers)、液晶ポリマー(LCP)などがあります。

▷ スーパーエンジニアリングプラスチックの製品一覧はこちら

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-

関連記事

lca cfp

ROMP(ring-opening metathesis polymerization)とは

ROMP(ring-opening metathesis polymerization)とは開環メタセシス重合です。アルケンを有する環状化合物の重合反応で、Grubbs触媒などのルテニウム触媒やモリブ …

lca cfp

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer) 生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは環境中に置いておくだけで有意な速度で分解が進行していき、分解物が自然に …

lca cfp

生分解性ポリエステル・バイオベース脂肪族ポリエステル とは

目次1 生分解性ポリエステル・バイオベース脂肪族ポリエステルの物性2 商業用のバイオベースまたは生分解性ポリエステル3 生分解性ポリエステル・バイオベース脂肪族ポリエステルの用途 生分解性ポリエステル …

lca cfp

アセタール(acetal)・ケタール(ketal)とは

アセタール(acetal)・ケタール(ketal)とは、1つの炭素原子に二つのエーテル結合が存在する化合物です。一般的にはアルデヒドまたはケトンとアルコールの縮合反応によって合成されます。アルコールと …

lca cfp

【射出成形】焼けの不良原因と改善対策

樹脂焼け 目次1 焼け(Burn Marks)とは?2 射出成形品の焼け跡の主な不良原因と改善対策 焼け(Burn Marks)とは? プラスチック射出成形時の不具合に関して、焼けの問題は最も一般的な …