射出成形の用語 用語集

【射出成形】焼けの不良原因と改善対策

樹脂焼け

焼け(Burn Marks)とは?

プラスチック射出成形時の不具合に関して、焼けの問題は最も一般的なものの1つです。

プラスチック射出成形の焼け不具合は、通常は黒、茶色または錆色の変色として現れます。射出成形品に縞または小さな斑点として現れることがあります。射出成形部品の焼け跡は、通常、流路の終端付近または空気が閉じ込められた場所で発生します。

射出成形品の焼け跡の主な不良原因と改善対策

充填部の最後に焼けが発生したケース

推測される不良原因は、プラスチック射出速度が高すぎること。改善対策として、圧力が高すぎるため、充填率の制御がなくなっているので、より低い圧力でテストしてみましょう。

樹脂が炭化しています。溶融段階に入ると、炭化した樹脂が成形品に混入するケース。

推定不良原因は、樹脂温度が高すぎること。改善対策として、温度制御とヒーターバンドをチェックして、正しく機能し、正確に較正されていることを確認します。溶融温度を下げると解決する場合があります。

充填終わり近くに焼きが発生するケース

不適切な通気が不良原因と推測されます。注入速度を遅くすることを試みてください。

型を破壊する樹脂焼け跡のケース

注入キャビティまたはポケットに閉じ込められた空気が不良原因とされます。改善対策として、不適切な金型構造、十分な通気口がない部分を解消しましょう。

成形品の黒い縞が発生するケース

不良原因と推測されるのは、ゲートサイズが小さすぎること。樹脂のメルトフローをかなり低くすることで改善対策をしましょう。

または、ノズルサイズが小さすぎることが不良原因で発生している場合は、ノズル開口部を開けてみましょう。

黒や色つきの筋が発生しているケース

ねじとバレルの摩耗が不良原因とされるため、交換を改善対策をしましょう。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-射出成形の用語, 用語集
-, ,

関連記事

用語集

ポリ無水物(POLYANHYDRIDES)

目次1 物性2 用途 物性 ポリ酸無水物は、ポリマー骨格の繰り返し単位にある無水物基を特徴とする重要なクラスの生分解性ポリマーです。無水物は加水分解の影響を非常に受けやすく、代謝して体内から除去できる …

用語集

ポリスルフィド(POLYSULFIDES)とポリチオエーテル(POLYTHIOETHERS)-ポリメルカプタン(POLYMERCAPTANS)/ポリチオール(POLYTHIOLS)

目次1 物性2 市販ポリエーテル、ポリスルフィド3 用途 物性 ポリチオエーテルとも呼ばれるポリチオールは、主鎖にメルカプタンまたはチオエーテル機能を持​​つ化合物です。それらは通常、硫化ナトリウムと …

用語集

アクリロニトリル共重合体(Acrylonitrile Copolymers)とは

目次1 アクリロニトリル共重合体の物性1.1 ポリ(スチレン-co-アクリロニトリル)(SAN)1.2 ポリ(アクリロニトリル-co-ブタジエン-co-スチレン)(ABS)1.3 アクリレート-スチレ …

用語集

有機分子触媒反応(Organocatalysis)とは

L-proline 有機分子触媒反応(Organocatalysis)とは古くから化学反応の触媒としてよく用いられてきた金属を用いずに、有機分子を触媒として用いる反応です。 医薬品合成などの精密有機合 …

用語集

イオン重合(Ionic polymerization)とは

イオン重合(Ionic polymerization)とはイオン性の中間体を用いる付加重合です。イオン重合(Ionic polymerization)は中間体の種類によってアニオン重合とカチオン重合に …