環境・サステナビリティ 用語集

オゾン層破壊係数(ODP)とは

オゾン層破壊係数(ODP / Ozone Depletion Potential)とは大気中に放出された気体物質が成層圏にあるオゾン層を破壊する強さを示す指標です。標準物質としてフロン類のCFC-11を用いて、物質1kgあたりのオゾン破壊量の割合として算出されます。CFCに属するCFC-12、CFC-13、CFC-114などのオゾン層破壊係数は1.0ですが、同じCFCsでもCFC-115では0.6です。初期に代替フロンとして利用が進められたHCFCでは0.02~0.11程度になっています。ハロンでは3.0~10.0程度で、CFCに比べて強いオゾン層破壊能力を持つと判断できます。 

オゾン層破壊係数は塩素、臭素、ヨウ素を含むフロンやハロンでは0より大きな値を示すのが一般的です。しかし、HCFCやPFCと呼ばれるフッ素以外のハロゲンを含まない物質ではオゾン層破壊係数は0になります。成層圏でオゾンを破壊する能力はフッ素以外の炭素-ハロゲン結合が弱く、紫外線によって切断されるのが主な原因です。

フロン類は半導体の洗浄剤や冷媒として産業上欠かせないため、オゾン層破壊能力がないフロン類に置き換えられてきています。しかし、フロン類はオゾン層破壊係数が0でも温室効果が大きい性質があるため、製造や排出の規制が進められています。 

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-環境・サステナビリティ, 用語集
-

関連記事

lca cfp

芳香族(aromatic)とは

芳香族(aromatic)とは不飽和環状化合物でベンゼン環やヘテロ環などの種類があります。不飽和結合や窒素、酸素などの非共有電子対が共役することで、エネルギー的な安定化を受けている環状化合物なのが共通 …

lca cfp

複屈折(birefringence)とは

複屈折とは、異方性のある物質に光が入射する際、2つの屈折光が現れる現象です。異方性のある物質というのは、弾性や屈折率が方向によってことなる物質であり、結晶や液晶がそれに該当します。逆に、等方性のある物 …

lca cfp

有機塩素化合物(organochroine compounds)とは

有機塩素化合物(organochroine compounds)とは塩素原子を含有する有機化合物です。最も単純な有機塩素化合物は炭素原子に3つの水素原子と1つの塩素原子が結合した塩化メチル(クロロメタ …

lca cfp

塩効果(salt effect)とは

塩効果(salt effect)とは反応系に塩を添加することで反応速度などが変化する効果を指します。中世塩効果とも言われ、イオン強度の変化による効果を第一種塩効果、共通イオン効果を第二種塩効果と分類す …

lca cfp

脂肪族(Aliphatic)とは

脂肪族とは炭素のみによって構成される鎖状の骨格を持つ化合物です。最小の脂肪族はメタンで炭素1つから成っています。脂肪族炭化水素にはエタンやアセチレン、プロパンなどのさまざまな化合物があります。 環状化 …