用語集

ポリスルフィド(POLYSULFIDES)とポリチオエーテル(POLYTHIOETHERS)-ポリメルカプタン(POLYMERCAPTANS)/ポリチオール(POLYTHIOLS)

物性

ポリチオエーテルとも呼ばれるポリチオールは、主鎖にメルカプタンまたはチオエーテル機能を持​​つ化合物です。それらは通常、硫化ナトリウムとジクロロ化合物を反応させることにより調製されます。

ポリスルフィド

ポリチオールは、ジチオールをアルデヒドまたはケトンと反応させることによっても調製できます。上記の反応は、重要なエンジニアリングプラスチックであるポリフェニレンスルフィド  (PPS)などの芳香族ポリ(メルカプタン)の商業生産に使用されます。優れた耐熱性と耐薬品性、優れた機械的特性、優れた寸法安定性を備えています。脂肪族ポリチオールも上記の反応により生成されます。これらの化合物は、エポキシ系の効果的な改質剤であり、迅速な硬化を可能にします。特に、アミンやポリアミンなどの他の硬化剤と組み合わせた場合、優れた柔軟性、耐衝撃性、耐薬品性、および優れた防食特性を付与します。

チオコールまたはポリ(アルキレンスルフィド)としても知られる脂肪族ポリスルフィドは、硫黄含有ポリマーの別のクラスです。これらの化合物は、骨格内にアニオンまたは基として結合した2つ以上の硫黄原子を持っています。それらはしばしば、ポリ硫化ナトリウムと二塩化アルキルを反応させることにより調製されます。

ポリスルフィド

架橋前は、低透湿性と優れた耐薬品性および耐油性を備えた液体ポリマーです。高分子量エラストマーの硬化は、ポリマーの末端チオール基(-SH)をジスルフィド(-SS-)リンクに酸化することで実現できます。典型的な硬化剤は、二酸化マンガン、二酸化カルシウム、クメンヒドロペルオキシド、p-キノンジオキシムなどの酸素供与化合物です。他の有機ヒドロペルオキシド、アルデヒド、金属塗料乾燥機も硬化剤として機能します。

ポリスルフィド

硬化ポリスルフィドは、高い柔軟性、低い透湿性、ガス透過性、および脂肪族および芳香族炭化水素、エーテル、ケトン、希酸、アルカリなどの多くの油や溶媒に対する優れた耐性を備えています。また、オゾン、酸化、日光、風化に対する優れた耐性も備えています。欠点は、他のほとんどの合成エラストマーと比較した場合、熱安定性が低く、機械的強度が低く、弾力性が低く、不快な臭いがあることが多いことです。
硫黄と硫黄の結合の耐クリープ性が低いため、圧力下で流れて緩和する傾向が高まります。したがって、ポリサルファイドは、大規模な静的および動的なロードの下で使用されるシールには推奨されません。

市販ポリエーテル、ポリスルフィド

用途

ポリスルフィドは、主にコーキング、シーラント、ガスケット、およびOリングのベースポリマーとして使用されます。ポリチオールは、腐食防止剤、連鎖移動剤として、および(エポキシ)接着剤およびコーティングの硬化剤としても使用できます。

低コスト、優れた耐薬品性および耐候性、高不透過性、および優れた断熱特性により、建築および建設、海洋、航空宇宙、およびポリマー加工産業で広く使用されています。 

硬化ポリスルフィドの使用温度は通常、-50°〜150°Cで、短時間で最大170°Cにさらされます。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-, , ,

関連記事

lca cfp

光重合(photopolymerization)とは

光重合(photopolymerization)とは光の照射によって開始される重合反応です。主に短波長の紫外線の照射によって反応が開始され、モノマーの重合が進行します。光重合では光エネルギーの吸収によ …

lca cfp

三ふっ化窒素(NF₃/nitrogen trifluoride)とは

三ふっ化窒素(NF₃)は1つの窒素原子と3つのフッ素原子から成る化合物です。常温常圧で無色の気体で、不燃性で無臭の気体として活用されています。皮膚や粘膜への短時間の接触による毒性は低いですが、吸入時に …

lca cfp

ヘテロリシス(heterolysis)とは

ヘテロリシス(heterolysis)とはヘテロリティック開裂とも呼ばれる結合の開裂反応です。2つの原子間の共有結合が不均一に開裂することによって、電気的に中性の化合物からカチオンとアニオンが発生しま …

lca cfp

ポリテトラメチレンアジペート・コ・テレフタレートとは

ポリテトラメチレンアジペート・コ・テレフタレートとはGSIクレオスによって販売されているPBATです。ポリブチレンアジペートテレフタラートとも呼ばれ、1,4-ブタンジオール(1,4-BD)、アジピン酸 …

lca cfp

アイゾット衝撃試験とは

衝撃強さの値を調べるのに頻繁に使用される指標のこと。 通常、家電製品や車載部品、工業用部品に使用される樹脂製品やプラスチック部品において、その製品や部品の素材そのものの強度評価が行われています。 例え …