原料・素材・材料

変性PPO(Modified Polyphenylene oxide/Modified PPO)とは

変性PPO(Modified PPO)の歴史

変性PPO(Modified Polyphenylene oxide/Modified PPO)は、1965年にアメリカのGE社がA.S.Hayによる酸化カップリング技術をベースにして、ポリ(ジメチルフェニレンオキサイド)の工業化をスタートさせました。1967年には成型加工性をグレードアップした変性PPO ノリルを販売開始しました。日本では1971年に当時のエンジニアリングプラスチックスが長瀬産業とGE社によって設立され、生産スタートされました。1979年には当時の旭ダウから同じような樹脂が販売されました。この期間5大エンジニアリング樹脂の一つとして、最も優れた電気的性質を持ち合わせていました。

変性PPO(Modified PPO)の構造式


※画像出典:wikipedia

変性PPO(Modified PPO)の製造方法

ジメチルフェニレンオキサイドを元原料として、酸化カップリング技術を用いて変性PPOを製造します。

変性PPO(Modified PPO)の特長

  • 耐水性、難燃性に優れています。
  • 変性前のPPOは、電気特性、耐熱性、機械特性が優れている高分子ですが、加工が難しいです。


変性PPO(Modified PPO)の成形加工条件

射出成形

シリンダー温度 260~280℃

金型温度

80~90℃

変性PPO(Modified PPO)のメイン用途

変性PPO(Modified Polyphenylene oxide/Modified PPO)は、ラジカセ、ビデオカメラ、エアコン、加湿器、テレビ、コネクター、スイッチ、ソケット、アダプター、プリンター、プロジェクター、時計、カメラ、複写機などの用途に使用されています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-原料・素材・材料
-, , ,

関連記事

PMMA Pellet(アクリル原料ペレット)の製品物性表と製造販売メーカーを探す

目次1 PMMA Pellet(アクリル原料ペレット)とは2 三菱ケミカル株式会社 「アクリペレット」3 株式会社クラレ 「パラペット」4 住友化学株式会社5 旭化成株式会社 「デルペット」 PMMA …

高密度ポリエチレン原料ペレット(HDPE Pellet)の製品物性表と製造販売メーカーを探す

目次1 高密度ポリエチレン原料ペレット(HDPE Pellet)とは2 旭化成株式会社 「サンテック–HD」3 株式会社プライムポリマー 「ハイゼックス」「エボリューH」4 日本ポリエチレン株式会社 …

AS・SAN Pellet(アクリロニトリル・スチレン共重合原料ペレット)の製品物性表と製造販売メーカーを探す

目次1 アクリロニトリル・スチレン共重合原料ペレット(AS SAN Pellet)とは?2 アクリロニトリル・スチレン共重合原料ペレット(AS SAN Pellet)の製品物性表と製造販売メーカーを探 …

用語集

ナイロン樹脂/ポリアミド(Polyamide/PA)とは

目次1 ナイロン樹脂/ポリアミド(PA)の歴史2 ナイロン樹脂/ポリアミド(PA)の構造式3 ナイロン樹脂/ポリアミド(PA)の製造方法4 ナイロン樹脂/ポリアミド(PA)の特長5 ナイロン樹脂/ポリ …

用語集

ポリアリレート(Polyarylate/PAR)とは

目次1 ポリアリレート(PAR)の歴史2 物性3 市販のアリレート4 ポリアリレート(PAR)の製造方法5 ポリアリレート(PAR)の特長6 ポリアリレート(PAR)の成形加工条件7 ポリアリレート( …