環境・サステナビリティ 用語集

特定フロン(specified freons)とは

特定フロン(specified freons)とはオゾン層を破壊する物質としてモントリオール議定書で定義されたフロン類です。オゾン層破壊係数が大きいCFCがまず生産・排出・貿易の規制対象となり、オゾン層破壊係数が比較的小さいHCFCが次の対象として削減が進められています。CFCについては1996年の時点で世界で全廃されました。HCFCは2030年に世界全体での廃止を達成するため、代替フロンへの置き換えが進められています。 

モントリオール議定書で最初に特定フロンとして定義されたのはCFC-11、CFC-12、CFC-113、CFC-114、CFC-115のみでした。しかし、モントリオール議定書ではオゾン層を破壊する恐れがある物質の特定も目的としているため、後の改正でHCFCも含めて対象のフロンが追加されています。 

特定フロンは塩素原子を含み、紫外線によって光化学反応を起こして塩素ラジカルを発生させる性質があるのが特徴です。塩素ラジカルがオゾンと反応し、生じた一酸化塩素ラジカルがさらにオゾンと反応すると塩素ラジカルが再生されます。このようなラジカル連鎖反応によってオゾン層が破壊されるため、特定フロンは地球環境を守る目的で厳しい規制が急速に進められました。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-環境・サステナビリティ, 用語集
-,

関連記事

lca cfp

誘電率(permittivity)とは

誘電率(permittivity)とは化学の分野では分子が分極することによって静電相互作用を起こしやすいかどうかを示す使用です。物理学ではコンデンサによって電荷を蓄えられる容量が誘電率とされています。 …

lca cfp

耐候性試験(Weathering test)とは

耐候性試験(Weathering test)とは、プラスチックの耐劣化性試験のひとつ。自然の天候、または、人工の条件下における材料やコーティングの劣化具合を調べる試験のこと。 また耐候性試験は、材料や …

lca cfp

双極子モーメント(dipole moment)とは

双極子モーメント(dipole moment)とは二つの原子または原子団の間に生まれる電荷の偏りです。一般的な共有結合では電気陰性度が高い原子がマイナス、電気陰性度が低い原子がプラスになり、電気陰性度 …

lca cfp

SS(Steel Structure)

鉄板のことを指します。元々JISの記号からきた通称。

lca cfp

分子構造安定化に寄与するインターカレーション

インターカレーション(intercalation)とは分子構造に存在する空隙に挿入して安定化を受ける反応です。層状構造が形成されている際に2つの層の間に挿入されるのが典型的で、挿入された化合物は層間化 …