環境・サステナビリティ 用語集

モントリオール議定書(Montreal Protocol)とは

モントリオール議定書(Montreal Protocol)とはオゾン層の保護を目的として締結された国際条約で、「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」が正式名称です。

モントリオール議定書はオゾン層の保護のためのウィーン条約に基づいて1987年に署名され、1989年1月1日から発効しています。モントリオール議定書ではオゾン層を破壊する恐れがある物質の特定と、製造・消費・貿易の規制を目的としています。オゾン層の破壊によって地上に降り注ぐ紫外線の量が増加すると、地球環境が悪化するリスクがあるだけでなく、人や生物が住めなくなる可能性があります。そのため、オゾン層を破壊する物質の段階的な削減を進める方針を立てて運用されています。 

モントリオール議定書ではロンドン改正、コペンハーゲン改正、モントリオール改正、北京改正を経て、2016年のキガリ改正までおこなわれて規制強化が進められてきました。モントリオール議定書によって特定フロンやハロンなどのオゾン層破壊能力が高い物質については全廃されています。代替フロン等についても段階的に削減を進めるスケジュールが立てられていて、日本ではHFCの使用を2048年までに80%削減することを目指して取り組みを進めています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-環境・サステナビリティ, 用語集
-,

関連記事

lca cfp

ヘテロリシス(heterolysis)とは

ヘテロリシス(heterolysis)とはヘテロリティック開裂とも呼ばれる結合の開裂反応です。2つの原子間の共有結合が不均一に開裂することによって、電気的に中性の化合物からカチオンとアニオンが発生しま …

lca cfp

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer) 生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは環境中に置いておくだけで有意な速度で分解が進行していき、分解物が自然に …

lca cfp

価電子数が6個のみで電荷を持たない炭素のカルベン

カルベン(carbene)とは価電子数が6個のみで電荷を持たない炭素、またはこのような炭素を持つ化合物です。カルベンには共有結合に関与している2つの軌道の他に2つの軌道があります。2つの共有結合に2電 …

lca cfp

比重とは(specific gravity)

目次1 比重とは2 主なプラスチックの比重一覧 比重とは 比重とは、ある物質の質量とそれと同体積の標準物質の質量との比です。 標準物質 個体、液体 → 4度の水気体 → 標準状態(0度、1気圧)の空気 …

lca cfp

高分子(high-molecular)とは

高分子とは分子量が大きい分子を全般的に指します。分子量が小さい小分子、小分子と高分子の中間的な位置にある中分子という言葉もよく用いられています。 ただし、分子量によって具体的に高分子が定義されているわ …