化学用語 環境・サステナビリティ 用語集

ペルオキシアシルナイトレート(PAN / Peroxyacylnitrate)とは

ペルオキシアシルナイトレート(PAN / Peroxyacylnitrate)とは光化学オキシダントの一種で、ラジカル種と酸素、二酸化窒素の反応によって生成します。一般的な生成機構としてはVOCと酸素などの光化学反応によってアルキルペルオキシドが発生するのが起点になります。

そして、一酸化窒素や三酸化窒素などとの反応によってアルコキシラジカルが生成した後、分解してアルデヒドになります。そして、アルデヒドが酸素の光化学反応によって発生したスーパーオキシドと反応することでペルオキシアシルラジカルが生じ、二酸化窒素との反応することでペルオキシアシルナイトレートが発生します。ペルオキシアシルナイトレートとして環境中で発生する代表的な物質はペルオキシアセチルナイトレートやペルオキシベンゾイルナイトレートです。 

ペルオキシアシルナイトレートはVOCと窒素酸化物の存在する環境で発生しやすいのが特徴で、自動車の排気ガスが発生原因としては代表的です。ペルオキシアシルナイトレートは人の粘膜に対する刺激性が強く、被ばくすると目やのどの痛みが発生するリスクがあります。光化学スモッグに含まれている刺激性物質としてオゾンやホルムアルデヒドなどと並んで主な物質です。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 環境・サステナビリティ, 用語集
-, ,

関連記事

lca cfp

脆性破壊(brittle fracture)とは

物体に外力を作用させると、弾性変形・塑性変形を生じた後、破壊に至ります。破壊するまでの変形が小さく、かつ、弾性変形のみであって、永久変形がないが、あっても無視できるほどに小さい(たとえば5%以下)とき …

lca cfp

pHとは

pHとは水素イオン指数や水素指数、水素イオン濃度指数と呼ばれる物理量です。希薄溶液のpHは水素イオンのモル濃度の常用対数に相当します。希薄溶液における計算式は水死音濃度を[H+]とするとpH=-log …

lca cfp

アクリロニトリル共重合体(Acrylonitrile Copolymers)とは

目次1 アクリロニトリル共重合体の物性2 市販のアクリロニトリルポリマー3 アクリロニトリル共重合体の用途 アクリロニトリル共重合体の物性 アクリロニトリルポリマー(ニトリルとも呼ばれる)は、アクリロ …

lca cfp

極性溶媒中で非極性の疎水性分子や非極性官能基が凝集する疏水効果

疎水効果(hydrophobic effect)とは極性溶媒中で非極性の疎水性分子や非極性官能基が凝集する効果です。疎水効果は水中で両親媒性分子がミセルを形成する現象のように親水性分子同士、疎水性分子 …

lca cfp

非共有電子対(lone pair)とは

非共有電子対(lone pair)は孤立電子対とも呼ばれる結合に関与していない電子対です。最外殻にある電子対の中で他の原子と共有されていないという意味合いで非共有電子対と呼ばれています。 非共有電子対 …