化学用語 用語集

双極子モーメント(dipole moment)とは

双極子モーメント(dipole moment)とは二つの原子または原子団の間に生まれる電荷の偏りです。一般的な共有結合では電気陰性度が高い原子がマイナス、電気陰性度が低い原子がプラスになり、電気陰性度が高い原子の方に電子が偏ります。電子の偏りによって微小空間で原子間に生まれた分極の程度を定量化する物理量として用いられているのが双極子モーメントです。双極子モーメントは-から+の方向を正として定義するベクトル量です。例えば、炭素原子と塩素原子の結合では、炭素原子がプラス、塩素原子がマイナスに帯電します。双極子モーメントは塩素原子から炭素原子の方向に発生します。

双極子モーメントはμとしてC・mまたはD(デバイ)を単位として表記します。Qを電荷、rを距離ベクトルとしたときにμ=Q・rとして定義される物理量で、比較や評価の際にはデバイが単位としてよく用いられています。1D=3.336×10^-30C・mとして換算が可能です。

双極子モーメントのある分子は配向性を持ちます。マイナスに帯電している部分はプラスに帯電している部分と静電相互作用をするからです。強い双極子モーメントがあるときには溶液中でもクラスターになります。双極子モーメントが弱くても結晶にすると規則的な構造になりやすいため、X線結晶構造解析をしやすいのが一般的です。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-,

関連記事

用語集

活性化エネルギー(activated energy)とは

活性化エネルギー(activated energy)とは化学反応で原系から生成系に至るときに乗り越えなければならないエネルギー障壁です。化学反応を進行させるために外部から加える必要があるエネルギーとも …

【機械特性試験】引張強さ試験(JIS K 7113)

ダンベル型試験片を使い、荷重及び引張速度をかえて試験を行います。熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂、強化プラスチックについて規定されています。 目次1 引張り強さ2 伸び3 引張弾性率4 引張耐力5 引張割線 …

用語集

ポリマー(重合体)/polymer とは

ポリマー(重合体)/polymerとは、「ポリ」が多数を意味し、「マー」は分子の繰り返しを意味します。一般的には、合成樹脂(プラスチック)のことを指します。 たとえば、ポリ塩化ビニルは、塩化ビニル(モ …

用語集

アルキド樹脂(ALKYD RESINS)とは

目次1 アルキド樹脂の物性2 市販のアルキド樹脂3 アルキド樹脂の用途 アルキド樹脂の物性 アルキド樹脂は、多価アルコールを多塩基酸またはその無水物と加熱することにより製造される熱可塑性ポリエステル樹 …

用語集

三ふっ化窒素(NF₃/nitrogen trifluoride)とは

三ふっ化窒素(NF₃)は1つの窒素原子と3つのフッ素原子から成る化合物です。常温常圧で無色の気体で、不燃性で無臭の気体として活用されています。皮膚や粘膜への短時間の接触による毒性は低いですが、吸入時に …