化学用語 用語集

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは環境中に置いておくだけで有意な速度で分解が進行していき、分解物が自然に還元されるポリマーを指します。

古くから製造されているポリスチレンやポリエチレン、ポリプロピレンなどのプラスチックは炭素間の共有結合によって作られているポリマーで、環境中に置いても簡単に分解されることはありません。

廃棄物として出されたプラスチックの処理が大きな課題になり、河川や海への投棄も問題となった影響で、環境中に存在する微生物などの力によって分解されるプラスチックの開発が進められてきました。

その結果として生まれてきたのが生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)で、古くから生分解性があることが知られていたもののあらためて注目されるようになっています。

しかし生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)によって製造されたプラスチックや樹脂は加水分解などの簡単な化学反応によって分解されてしまいやすいことから劣化が早いのが問題となる場合がほとんどでした。

そのため、目的に応じた使用中では分解するリスクが少なく、環境中に放出されると微生物に代謝されていくようにデザインされた生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)の開発が進められています。

新素材の開発が進んできたため、用途に合わせてポリマーを選ぶことにより製品応用が可能になってきています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-, , , , ,

関連記事

lca cfp

モノマー(単量体)/monomer とは

「モノ」とは「一つ」を意味する接頭語(ギリシャ語)です。また、「マー」とは繰り返し単位のことです。要するに、モノマー(monomer)とは単位が一個ということを意味します。また、このモノマーが多く集ま …

lca cfp

共重合(copolymerization)とは

共重合(copolymerization) 共重合(copolymerization)とは複数のモノマーを重合させてポリマーを合成する方法です。よく行われているのは二種類のモノマーを重合させる方法です …

lca cfp

光学純度(optical purity)とは

光学純度(optical purity)とは比旋光度の測定によって+体とー体の比率を求めることで導き出した光学活性体試料の純度です。光学活性体の旋光度はプラスまたはマイナスで同じ絶対値を持ちます。光学 …

lca cfp

エンジニアリングプラスチック(エンプラ) とは

エンプラとは、エンジニアリングプラスチック(Engineering plastic)の略語であり、一般的には金属代替で使用出来得るプラスチック樹脂と言われています。 エンプラの特徴としては、耐熱性の高 …

lca cfp

極性溶媒中で非極性の疎水性分子や非極性官能基が凝集する疏水効果

疎水効果(hydrophobic effect)とは極性溶媒中で非極性の疎水性分子や非極性官能基が凝集する効果です。疎水効果は水中で両親媒性分子がミセルを形成する現象のように親水性分子同士、疎水性分子 …