化学用語 用語集

アニオン重合(anionic polymerization)とは

アニオン重合(anionic polymerization)とは重合反応の活性種がアニオンになっているイオン重合です。アニオン重合ではアニオンの活性種が電子不足なモノマーに対して付加反応を起こし、発生したアニオンが別のモノマーに付加することで重合反応が進行します。アニオン重合のモノマーは電子不足なビニル化合物が最も典型的で、アクリル酸エステルやスチレン誘導体の応用例が目立ちます。 

アニオン重合の反応開始剤には強力な求核性を持つアルキルアニオンやアルコキシドが用いられます。モノマーの性質に応じて適切な反応開始剤を選ぶことがアニオン重合を進行させるためには欠かせません。アルキルリチウムのように広範囲のビニルモノマーに利用できる反応開始剤は有用性が高いものの、試薬の取り扱いリスクや官能基許容性に問題があります。リチウムアルコキシドやピリジンなどを開始剤とするとモノマーの種類が限られますが、反応しやすい官能基が存在していてもモノマーとして使用できるのがメリットです。 

アニオン重合はアニオン活性種が安定な系で重合反応をするのが基本で、一般的にモノマーが消失するまで反応が進行します。モノマーがなくなった時点で新たなモノマーを添加してリビング重合をするのに適している方法として注目されています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-, ,

関連記事

用語集

ラジカル重合(radical polymerization)とは

ラジカル重合(radical polymerization)とはラジカル連鎖反応によってモノマーを重合させる方法です。ポリエチレンなどのアルケン化合物をモノマーとするポリマー合成で昔からよく利用されて …

用語集

官能基(functional group)とは

官能基(functional group)とは有機化合物に含まれている原子団です。特定の名称が付けられている場合が多く、化合物の物理的性質や化学的性質を特徴付ける部分構造です。官能基は有機化合物の反応 …

用語集

イオン重合(Ionic polymerization)とは

イオン重合(Ionic polymerization)とはイオン性の中間体を用いる付加重合です。イオン重合(Ionic polymerization)は中間体の種類によってアニオン重合とカチオン重合に …

用語集

生分解性プラスチック(Biodegradable plastic)とは

目次1 生分解性プラスチックとは2 生分解性プラスチックと通常のプラスチックの違い3 生分解性プラスチックの作り方3.1 1.微生物系3.2 2.天然物系3.3 3.化学合成系4 循環型社会を目指す上 …

用語集

キラリティー(Chirality)とは

キラリティーとは分子構造の鏡像異性体が元の構造と重ね合わせられない性質を指します。鏡像異性体とは分子構造を鏡に映したときにできる回映軸対称化合物のことです。平面状の分子ではキラリティーはありませんが、 …