樹脂プラスチック材料協会

製造技術・設計技術・エンジニア・購買・開発営業のための【樹脂・プラスチック素材選定】情報サイト

     

用語集

繰返し荷重を与えたときの材料疲労とクリープ特性

プラスチック材料に繰返し荷重を与えたときの材料疲労

プラスチック樹脂材料は、繰返し荷重を与えると機械的強度が低下します。この強度の低下を疲労といいます。この疲労の具合は、材料種類によって異なります。

たとえば、硬質塩化ビニル樹脂においては、引張強さの初期強度5.2kg/㎟、繰り返し荷重10^7回の後の強度は、1.6kg/㎟となり、強度が31%低下することがわかります。

プラスチック材料引張強さδB
(kg/㎟)
10^7回繰返し荷重後の引張強さδf
(kg/㎟)
δf / δB
硬質塩化ビニル樹脂5.21.60.31
メタクリル樹脂6.52.00.31
AS樹脂6.81.50.22
ポリカーボネート6.51.00.15
ポリアセタール(射出)7.13.00.42
不飽和ポリエステル(注型)4.01.60.40
ポリエステルガラスクロスFRP40.09.00.22
エポキシガラスクロスポリエステル33.415.50.47
アルミ合金45150.33

クリープ特性

試験材料に一定荷重を加えたときに起こる永久変形の値をクリープいいます。クリープは荷重および時間の関数で表せます、

プラスチック材料充填材荷重
(kgf/㎟)
クリープたわみ
(mm)2年後
ポリアミド(ナイロン6)ガラス繊維302.581.253
ポリアミド(ナイロン66)ガラス繊維202.401.650
ポリアミド(ナイロン66)ガラス繊維303.561.356
ポリカーボネート2.492.894
ポリカーボネートガラス長繊維203.621.453
ポリカーボネートガラス長繊維304.221.236
ポリカーボネートガラス短繊維203.161.333
ポリカーボネートガラス短繊維304.161.235
ポリアセタール(共重合体)2.105.228(1年10ヵ月)
フェノール樹脂ガラス繊維・無機質552.060.432
エポキシ樹脂無機質602.720.819
ジリアリルフタレート樹脂ガラス無機質502.880.586
このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  







-用語集
-,

関連記事

融点とは?【融点一覧表】

融点とは、熱をかけることで固体物質が液体に変わる転移温度のことを指します。樹脂プラスチックの中で、一般的に融点が存在するのは高密度ポリエチレンやポリプロピレン、ポリエチレンテレフタレートなどの結晶性樹 …

オレフィン樹脂 とは

オレフィン樹脂とは、プラスチック樹脂の中でエチレン、プロピレンなどの単独重合体、または、共重合体の樹脂のことを指します。オレフィンはアルケンとも呼ばれます。 またオレフィン樹脂は、炭化水素において二重 …

アイゾット衝撃試験 とは

衝撃強さの値を調べるのに頻繁に使用される指標のこと。 通常、家電製品や車載部品、工業用部品に使用される樹脂製品やプラスチック部品において、その製品や部品の素材そのものの強度評価が行われています。 例え …

プレポリマー(prepolymer)とは

プレポリマー(prepolymer) とは、モノマーの重合もしくは縮合反応を途中段階でストップさせた中間材料です。このプレポリマーの状態は、ポリマーの前の段階であり、硬化剤を使うことで簡単に重合や架橋 …

熱硬化性樹脂 とは

樹脂・プラスチックは大きく2つの種類に分けられ、その分け方は「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」に分けられます。 熱硬化性樹脂は、樹脂・プラスチック自体を熱で温め柔らかくすることで形状を変化させることが …