化学用語 用語集

澱粉ポリエステル(starch polyester)とは

澱粉ポリエステル(starch polyester)とは植物由来の澱粉とポリエステルによって製造させるポリマーアロイです。GSIクレオスによって開発が進められている生分解性プラスチックのマタビー(Mater-Bi)にも用いられているエコマテリアルです。澱粉はバイオ資源として入手しやすいものの、力学的性能が低く、加工性や耐水性も良くないという問題があります。プラスチック原料としての力学的性質を改善しつつ、生分解性を維持できる成分としてポリビニルアルコール(PVA)及び変性PVAが添加されたのが初期の澱粉ポリエステルです。さらにポリカプロラクトン(PCL)を添加することで耐水性が改善され、GSIクレオスによって製品化が達成されています。

澱粉、変性PVA、PCLの澱粉ポリエステルはまた-ビーZFO3Uとして販売されています。澱粉ポリエステルはフィルムや繊維として加工可能で、コンポストバッグやトレー、シートなどに応用されています。農園芸や土木・建築などで用いられる緩衝材にも応用が進められています。

現状では澱粉ポリエステルはGSIクレオスによるポリマーアロイの代名詞になっています。しかし、他のポリエステルとのアロイの形成も可能なので、今後多様な澱粉ポリエステル登場する可能性があります。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-, , , , , ,

関連記事

lca cfp

海洋生分解性プラスチック(marine biodegradable plastic)とは

海洋生分解性プラスチック(marine biodegradable plastic)とは生分解性プラスチックの中で、海洋でも生分解を受けて最終的には水と二酸化炭素に分解されるプラスチックです。生分解性 …

lca cfp

ヘテロ原子(heteroatom)とは

ヘテロ原子(heteroatom)とは炭素と水素を除くすべての原子を指します。ヘテロとはギリシア語で「異なる」という意味です。有機化学や高分子化学の分野では、慣用的に炭素と水素を除く非金属原子がヘテロ …

lca cfp

エステル化(Esterification)とは

エステル化(Esterification) エステル化(Esterification)とはカルボン酸をエステルに変換する化学反応です。狭義ではカルボン酸とアルコールから直接エステルを合成する方法を指し …

lca cfp

モノマー(単量体)/monomer とは

「モノ」とは「一つ」を意味する接頭語(ギリシャ語)です。また、「マー」とは繰り返し単位のことです。要するに、モノマー(monomer)とは単位が一個ということを意味します。また、このモノマーが多く集ま …

lca cfp

アニオン重合(anionic polymerization)とは

アニオン重合(anionic polymerization)とは重合反応の活性種がアニオンになっているイオン重合です。アニオン重合ではアニオンの活性種が電子不足なモノマーに対して付加反応を起こし、発生 …