用語集

プラスチック材料の【摩擦・摩耗性】

摩擦係数は、F=μWで表すことができ、F=摩擦力、W=荷重、μ=摩擦率(静)です。また、摩擦率には「μs=静摩擦率」と「μd=動摩擦率」の2種類があります。摩擦率は荷重、温度、すべり速度、表面の潤滑状態に依存します。この関係は相互依存性を持っているので、その測定値の比較数値の一例を下に記載します。

プラスチック材料の摩擦係数・摩擦率の比較

プラスチック材料比摩耗量PTFEナチュラルを1.0とする静摩擦係数
μs
動摩擦係数
μd
ポリ4フッ化エチレン(ナチュラル)1.00.130.09
メラミン樹脂
(カーボンブラックガラス充填)
2.40.220.06
ユリア樹脂
(カーボンガラス充填)
3.40.240.13
ポリアセタール(ホモポリマ)(ナチュラル)2.40.320.18
ポリアセタール(ホモポリマ)(カーボンガラス充填)2.00.320.18
ポリエチレン(低密度)3.40.360.13
ポリエチレン(高密度)3.20.360.13
ポリスチレン(ナチュラル)3.80.470.47
ポリスチレン(カーボンガラスFRP)2.00.470.47
ポリプロピレン(ナチュラル)5.20.400.37
ポリプロピレン(カーボンガラスFRP)2.60.400.37
フェノール樹脂(カーボンガラスFRP)4.40.400.38
ポリ塩化ビニル(ナチュラル)38.00.410.25
ポリ塩化ビニル(カーボンガラスFRP)26.00.410.25
メタクリル樹脂(ナチュラル)3.30.500.48
メタクリル樹脂(カーボンガラスFRP)3.00.500.48
ポリカーボネート(ナチュラル)3.20.530.45
ポリカーボネート(カーボンガラスFRP)1.320.530.45
ABS樹脂0.570.48
ポリアミド(ナチュラル)12.00.710.08
ポリアミド(カーボンガラスFRP)10.00.710.08
※荷重:1000kg、回転数:1000rpm、ホイル

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-,

関連記事

用語集

耐候性試験(Weathering test)とは

耐候性試験(Weathering test)とは、プラスチックの耐劣化性試験のひとつ。自然の天候、または、人工の条件下における材料やコーティングの劣化具合を調べる試験のこと。 また耐候性試験は、材料や …

用語集

熱硬化性樹脂 とは

樹脂・プラスチックは大きく2つの種類に分けられ、その分け方は「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」に分けられます。 熱硬化性樹脂は、樹脂・プラスチック自体を熱で温め柔らかくすることで形状を変化させることが …

用語集

分光透過率(spectral transmittance)とは

ある波長の輻射線を物体に当てた場合、物体を透過した輻射エネルギーと物体へ入射する輻射エネルギーとの比を物体の分光透過率またはスペクトル透過率と言います。この分光透過率を各波長に対して描いた曲線を分光透 …

用語集

ガラス転移点 とは

ポリマー分子の熱運動について、その特性が急激に変わる転移温度があります。その転移温度には、大きく分けて2つのポイントがあり、ガラス転移点と融点が存在します。 熱可塑性樹脂の結晶性樹脂は、かかる温度が融 …

用語集

生分解性プラスチック(Biodegradable plastic)とは

目次1 生分解性プラスチックとは2 生分解性プラスチックと通常のプラスチックの違い3 生分解性プラスチックの作り方3.1 1.微生物系3.2 2.天然物系3.3 3.化学合成系4 循環型社会を目指す上 …