化学用語 用語集

CPE(塩素化ポリエチレン/Chlorianted Polyethylene)とは

CPE(塩素化ポリエチレン/Chlorianted Polyethylene)とは

CPEとは塩素化ポリエチレン(Chlorianted Polyethylene)のことです。塩素を含む高分子材料全体をCPEと呼ぶのではなく、一般的にはポリエチレンを塩素ガスで処理して製造した樹脂を指します。塩素の含有量による定義はなく、ポリエチレンと塩素の反応によって製造された樹脂はCPEです。

ポリエチレンの一部の水素を塩素に置換することでCPEには機能性が付与されています。塩素の含有量や塩素化の反応方法によってさまざまな性質を持つ樹脂を製造することが可能です。硬質プラスチック、軟質プラスチックの作り分けも可能で、熱可塑性エラストマーとしての性質がある樹脂も製造できます。耐薬品性や耐油性、耐オゾン性や耐候性なども高められます。
CPEはポリエチレンに比べて難燃性があるため、可燃性の材料に添加して使用するケースもあります。CPEは多くの樹脂との親和性が高く、改質材として使いやすいのが特徴です。耐衝撃性や耐摩耗性などのさまざまな機能の付与を目的として活用されています。

CPE(塩素化ポリエチレン/Chlorianted Polyethylene)の特性

  • 耐候性、耐オゾン性、耐熱老化性が良い。
  • 耐薬品性、電気特性及び他種ポリマーとの相溶性が良い。また、それらのポリマーの耐衝撃性、難燃性、耐油性、接着ウェルダー性等を良くすることができる。

CPE(塩素化ポリエチレン/Chlorianted Polyethylene)の用途

CPEの利用用途はホース、チューブ、電線、タイルなどが典型的です。改質材としての機能が優れているため、広く樹脂製品に応用されている材料です。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-

関連記事

lca cfp

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer) 生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは環境中に置いておくだけで有意な速度で分解が進行していき、分解物が自然に …

lca cfp

生分解性プラスチック(Biodegradable plastic)とは

目次1 生分解性プラスチックとは2 生分解性プラスチックと通常のプラスチックの違い3 生分解性プラスチックの作り方4 循環型社会を目指す上で欠かせない生分解性プラスチック5 生分解性プラスチックが抱え …

lca cfp

耐候性試験(Weathering test)とは

耐候性試験(Weathering test)とは、プラスチックの耐劣化性試験のひとつ。自然の天候、または、人工の条件下における材料やコーティングの劣化具合を調べる試験のこと。 また耐候性試験は、材料や …

lca cfp

酵素反応(enzyme reaction)とは

酵素反応(enzyme reaction)とは酵素を触媒として進行する反応です。酵素は生物が体内で生合成している機能性タンパク質の総称で、特定の基質を認識して反応を進行させる活性があります。エステル化 …

lca cfp

エステル化(Esterification)とは

エステル化(Esterification) エステル化(Esterification)とはカルボン酸をエステルに変換する化学反応です。狭義ではカルボン酸とアルコールから直接エステルを合成する方法を指し …