化学用語 用語集

配向力・誘起力・分散力から成るファンデルワールス力

ファンデルワールス力(van der Waals’ force)とは19世紀から20世紀に活躍した物理学者ヨハネス・ディーデリック・ファン・デル・ワールスによって提唱された分子間力の1つです。原子や分子、イオンなどに共通して働く双極子間相互作用です。ファンデルワールス力によって形成される相互作用はファンデルワールス結合とも呼ばれます。 

ファンデルワールス力は配向力・誘起力・分散力の3つから成り、イオンの電荷による静電引力は含まれません。ファンデルワールス力は分子が持つ永久双極子に加えて、誘起双極子による相互作用を考慮しているのが特徴です。量子理論におけるゆらぎの影響によって局所的に短時間に生じる誘起双極子モーメントによる分子間相互作用が加味されているため、永久双極子のみを考慮するのに比べて精度の高い分子間力の計算が可能です。 

ファンデルワールス力の配向力は永久双極子同士、誘起力は永久双極子と誘起双極子、分散力は誘起双極子同士の相互作用です。狭義のファンデルワールス力は分散力を指し、極性を持たない分子同士の疎水性相互作用を意味します。疎水性相互作用は分子構造を決める弱い相互作用としても知られています。永久双極子がない構造でも誘起双極子による相互作用での安定化が起こることが示され、定式化されたのがファンデルワールス力です。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-

関連記事

lca cfp

不飽和結合(unsaturated bond)とは

不飽和結合(unsaturated bond)とは二つの隣接原子が一価ではなく、二価以上になっている結合です。有機化合物の場合にはσ結合と1つまたは2つのπ結合から成ります。 1つのσ結合と1つのπ結 …

lca cfp

重合度(degree of polymerization)とは

重合度(degree of polymerization)とは高分子を構成するモノマー単位の数を指します。モノマーAを単独重合させてAAA…Aという高分子を合成した場合にはAの数が重合度です。モノマー …

lca cfp

熱可塑性樹脂 とは

樹脂・プラスチックは、「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」に大枠で分けられます。 樹脂・プラスチックは常温では硬く、熱を加えると柔らかくなります。またこれを冷やすとそのままの形状で硬化しますが、さらにも …

lca cfp

ポリ尿素(POLYUREA)

目次1 物性2 市販の尿素樹脂3 用途 物性 ポリ尿素(POLYUREA)は、イソシアネートとアミンの反応生成物です。これらの樹脂系は、同様のコーティング用途でポリウレタンと競合することがよくあります …

lca cfp

摺動性を評価するための【PV値】とは?

PV値とは、プラスチック摺動部品の摺動性を評価テストする値として存在します。材料の摩擦が主に荷重とすべり速度に依存することから、その材料の使用できる限界値を限界PV値と言います。 たとえば、ポリカーボ …