化学用語 用語集

PVDF(ポリフッ化ビニリデン/Polyvinylidene difluride)とは

PVDFとは

PVDFとはポリフッ化ビニリデン(Polyvinylidene difluride)の略称です。熱可塑性を持つエンプラとして広い範囲で使用されているフッ素樹脂です。PVDFはCH2CF2を繰り返し単位としていることから2F樹脂と呼ばれます。PVDFは水素2つによって置換された炭素とフッ素2つに置換された炭素が交互に結合しているのが特徴です。1,1-ジフルオロエテンをモノマーとして重合させているため、規則性のあるポリマーになります。

PVDFは乳白色の半透明の樹脂で、機械的強度が突出して優れています。熱可塑性があることから加工性も良く、溶接もできるのが特徴です。成形物としての使用もできますが、繊維や塗膜に下降して利用することも可能です。耐油性や耐薬品性にも富んでいるため、イオン交換膜やコーティング剤にも活用されています。ただし、PVDFはアミンやケトン、エステルやアミド類などに対する耐薬品性が低い欠点があります。

また、PVDFは耐候性や耐酸化性にも優れているのが特徴です。屋外で使用しやすい樹脂なので、建築材料や農業用品などのコーティングやロープなどにも用いられています。医療機器や食品花王機器などにも応用されるようになってきた汎用性の高い樹脂です。

PVDFの特徴一覧

  • 耐摩耗性が良い
  • 耐候性に優れる
  • 耐薬性に優れる
  • 機械特性が良い
  • 加工性が良い
  • 長時間のクリープ性に優れる
  • 連続荷重の耐疲労性に優れる
  • 絶縁性に優れる
  • 食品加工用途に使用されるケースがあります(無毒で抗菌に優れています)
  • アミンやケトン、エステルやアミド類などに対する耐薬品性が低い

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-

関連記事

lca cfp

ハイドロクロロフルオロカーボン類(HCFCs/hydrochlorofluorocarbons)とは

ハイドロクロロフルオロカーボン類(HCFCs/hydrochlorofluorocarbons)は炭素原子、水素原子、塩素原子、フッ素原子から構成される化合物で、フロン類の中でも特定フロンに該当します …

lca cfp

京都議定書(Kyoto Protocol)とは

京都議定書(Kyoto Protocol)とは「気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書」が正式名称で、1997年12月に開催されたCOP3(第3回気候変動枠組条約国会議)で採択されました。国立京 …

lca cfp

過酸化物(peroxide)とは

過酸化物(peroxide)とは2つの酸素原子が単結合によって結合している構造を持つ化合物です。過酸化物はペルオキシドとも呼ばれています。過酸化物の一方の酸素がアルキル基によって置換され、他方は水素が …

lca cfp

アゴスティック相互作用(agostic interaction)とは

アゴスティック相互作用(agostic interaction)とは遷移金属と配位子のC-H結合の間で形成される三中心二電子結合の一種です。アゴスティック相互作用は中心金属の空のd軌道に対して、C-H …

lca cfp

揮発性有機化合物(VOC/volatile organic compounds)とは

揮発性有機化合物(VOC/volatile organic compounds)とは常温常圧で揮発性があり、大気中で気体になる有機化合物です。揮発性有機化合物にはトルエン、メタノール、アセトン、n-ヘ …