化学用語 用語集

脂肪族(Aliphatic)とは

脂肪族とは炭素のみによって構成される鎖状の骨格を持つ化合物です。最小の脂肪族はメタンで炭素1つから成っています。脂肪族炭化水素にはエタンやアセチレン、プロパンなどのさまざまな化合物があります。

環状化合物は炭素だけで構成されていても脂肪族ではありませんが、直線状ではなく枝分かれをしている骨格でも炭素だけで構成されていれば脂肪族です。脂肪族は炭化水素である必要はありません。カルボン酸やアルコール、アミドやアミンなどの置換基を持っていても脂肪族です。

ただし、基本骨格にヘテロ原子が含まれていてはならず、酸素が含まれていたらエーテルやアルコール、エステルなどに分類されます。

不飽和結合が含まれている場合にも炭素による鎖状骨格を持っていれば脂肪族です。二重結合を持つ脂肪族のエチレンやプロピレンは単独重合によってポリエチレンやポリプロピレンの合成にも用いられている物質です。脂肪族炭化水素の重合によってできたポリマーも脂肪族ポリマーになります。

脂肪族化合物は原油や植物精油などに含まれていることが多く、燃料や香料として活用されています。また、生体内では脂肪族カルボン酸の脂肪酸がエネルギー源としても代謝や生理機能にも重要な役割を果たしています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-

関連記事

lca cfp

キャスト板(注型板)とは

MMAの製造方法には、キャスト法(注型法)と押出法があります。キャスト法(注型法)を用いて製造するキャスト板(注型板)は、ガラスのあて板の間にMMAモノマーを流し込み栓をして、一定期間重合によって硬化 …

lca cfp

縮合反応(condensation reaction)とは

縮合反応(condensation reaction)とは2つの分子が新しい結合を形成すると同時に、それぞれの分子が持っていた部分構造が結合して脱離する反応です。付加脱離反応の一種として知られています …

lca cfp

エステル化(Esterification)とは

エステル化(Esterification) エステル化(Esterification)とはカルボン酸をエステルに変換する化学反応です。狭義ではカルボン酸とアルコールから直接エステルを合成する方法を指し …

lca cfp

ラジカルスカベンジャーなどの重合禁止剤(polimerization inhibitor)

重合禁止剤(polimerization inhibitor)とは重合防止剤や重合停止剤とも呼ばれる化合物です。モノマーの重合反応が開始するのを抑制する性質があります。重合が光や熱などで開始されてしま …

lca cfp

マルチブロック共重合体(multiblock copolymer)とは

マルチブロック共重合体(multibloc copolymer)とはブロック重合によって合成されるポリマーの一種です。オリゴマーやポリマーを単位として共重合するブロック共重合体の中で、ブロックが複数あ …