化学用語 環境・サステナビリティ 用語集

揮発性(volatility)とは

揮発性(volatility)とは主に常温常圧で蒸発しやすい性質です。液体は沸点以上の温度にすれば気体に相転移します。しかし、液体の表面では少しずつ気体に相転移して拡散していく気化現象も起こっています。揮発性は常温常圧で気化する速度が速い性質を意味することもあります。 

例えば、髪の毛が濡れたままにしておいても自然に水気がなくなります。水には揮発性があるからです。髪の毛に付着している水の表面からだんだんと水蒸気が出てきて最終的にはなくなっています。 

揮発性の高さは物質によって異なります。水は水素結合による分子間相互作用が強いため、揮発しにくい性質がある液体です。一方、有機溶剤やガソリンは相互作用が弱く、高い揮発性を持っています。揮発性が高い物質は空気中に放出されやすく、エアロゾルとして人が吸う可能性が高くなります。揮発性有機化合物(VOC)が人の健康や環境に被害を及ぼすリスクがあるのは気化しやすい性質があるからです。ただ、揮発性が高い物質は蒸留による除去をしやすいため、化成品の製造や半導体の洗浄などで欠かせない役割を果たしています。有害性のある揮発性物質については規制が設けられ、リスクの低い運用をすることが求められています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 環境・サステナビリティ, 用語集
-,

関連記事

サステナビリティ環境規制の流れ・変遷・今後

1992年 国連気候変動枠組条約(UNFCC)を採択。地球温暖化防止のためのグローバルな条約。 1997年 京都議定書 を採択。その後2005年2月に発行。2008年から2012年の約束期間までに90 …

lca cfp

ヘテロ原子(heteroatom)とは

ヘテロ原子(heteroatom)とは炭素と水素を除くすべての原子を指します。ヘテロとはギリシア語で「異なる」という意味です。有機化学や高分子化学の分野では、慣用的に炭素と水素を除く非金属原子がヘテロ …

lca cfp

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer) 生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは環境中に置いておくだけで有意な速度で分解が進行していき、分解物が自然に …

lca cfp

活性化エネルギー(activated energy)とは

活性化エネルギー(activated energy)とは化学反応で原系から生成系に至るときに乗り越えなければならないエネルギー障壁です。化学反応を進行させるために外部から加える必要があるエネルギーとも …

lca cfp

求核置換反応(nucleophilic substitution reaction)とは

求核置換反応(nucleophilic substitution reaction)とは求核剤が反応点に求核攻撃をした後、特定の置換基が脱離することで起こる反応です。典型的な求核置換反応にはSN2反応 …