化学用語 環境・サステナビリティ 用語集

光化学オキシダント(photochemical oxidant)とは

光化学オキシダント(photochemical oxidant)とは窒素酸化物や炭化水素が紫外線によって光化学反応を起こして発生する酸化性物質です。工場の排煙や自動車の排気ガスなどが原因で発生することが多く、人に刺激性があることから環境課題として発生防止の取り組みが進められています。 

光化学オキシダントとして代表的なのはオゾン、PAN(ペルオキシアシルナイトレート)、ホルムアルデヒドなどのアルデヒド類です。空気中で高濃度になるともやがかかった状態になり、光化学スモッグになります。太陽の光が強く、気温が高くて風が弱い日には光化学オキシダントの濃度が上がりやすくなります。光化学反応が促進されることに加え、発生した光化学オキシダントが拡散しにくくなるからです。 

光化学オキシダントや光化学スモッグは粘膜の刺激性が高いのが特徴です。目がチカチカする、喉が痛い、涙が止まらない、咳が出るといった症状が出るのが一般的です。光化学スモッグが発生して大気汚染が継続すると予想されるときには、光化学オキシダント濃度によって注意報や警報が発令されます。1時間値で0.12ppm以上では注意報、0.24ppm以上では警報、0.4ppm以上では重大警報が発令されます。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 環境・サステナビリティ, 用語集
-

関連記事

lca cfp

耐候性試験(Weathering test)とは

耐候性試験(Weathering test)とは、プラスチックの耐劣化性試験のひとつ。自然の天候、または、人工の条件下における材料やコーティングの劣化具合を調べる試験のこと。 また耐候性試験は、材料や …

lca cfp

比強度とは?樹脂とFRP・アルミ・硬鋼・木材との比較

比強度とは、材料の強さをその比重で割り算したものです。 比強度 = 材料の強さ ÷ 比重 よって、比強度は同じ質量の相似形につくられた物体の強度の比較値です。また、材料の強さは、引張り強さが使われるケ …

lca cfp

代替フロン(alternative freons)とは

代替フロン(alternative freons)とはオゾン層を破壊する性質がある特定フロンの代替として使用できるフロン類です。特定フロンとして初期に規制対象となったCFCは冷蔵冷凍庫や空調の冷媒、半 …

lca cfp

六ふっ化硫黄(SF₆/sulfur hexafluoride)とは

六ふっ化硫黄(SF₆)は硫黄とフッ素から成る化合物です。沸点が-63.9℃の気体で、水や油への溶解度が低い性質を持っています。不燃性の気体で人体に対して無毒であり、無色無臭のガスとして1960年代から …

lca cfp

SS(Steel Structure)

鉄板のことを指します。元々JISの記号からきた通称。