化学用語 用語集

不可逆反応(equilibrium reaction)とは

不可逆反応(equilibrium reaction)とは正反応と比較して逆反応が著しく遅い、あるいは起こり得ないために原系から生成系にほぼ100%進行する反応です。一般的には化学反応は可逆的ですが、利用する反応の種類や実験の手法によっては不可逆反応になります。不可逆反応にすることで原系をすべて生成系に向かわせることができます。高分子合成ではモノマーを完全消費することにつながるため、不可逆反応によって合成することが重要です。

モノマーのロスをなくすことができるだけでなく、残存したモノマーを分離して生成するコストも削減できるメリットがあるからです。 不可逆反応は単純に正反応と逆反応の活性化エネルギーの違いによって決まる場合があります。正反応に比べて逆反応の活性化エネルギーが十分に低ければ不可逆反応にすることができます。

典型的なのはイオン重合やラジカル重合で、結合が形成されたら逆反応はほとんど起こらない場合がほとんどです。また、エステル重合ではカルボン酸とアルコールの縮合によって発生する水を系外に出すことによって生成系に向かわせて不可逆反応にする方法がよく用いられています。この他にも触媒の添加によって正反応のみを大幅に加速させて、実質的に不可逆反応にしているケースもあります。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-, ,

関連記事

lca cfp

分極(polarization)とは

分極(polarization)とは電荷がプラスとマイナスで偏ることや、磁極がN極とS極に分かれることを指します。化学では誘電分極と極性による分子の分極の二種類があります。誘電分極とは外部から電場をか …

lca cfp

共有結合(covalent bonding)とは

共有結合(covalent bonding)とは原子と原子の間に形成される化学結合の一種で、結合に関与する電子対を共有する仕組みになっています。一般的には2つの原子の両方から価電子が出されて共有される …

lca cfp

ガラス転移点 とは

ポリマー分子の熱運動について、その特性が急激に変わる転移温度があります。その転移温度には、大きく分けて2つのポイントがあり、ガラス転移点と融点が存在します。 熱可塑性樹脂の結晶性樹脂は、かかる温度が融 …

lca cfp

代替フロン(alternative freons)とは

代替フロン(alternative freons)とはオゾン層を破壊する性質がある特定フロンの代替として使用できるフロン類です。特定フロンとして初期に規制対象となったCFCは冷蔵冷凍庫や空調の冷媒、半 …

lca cfp

エーテル結合(ether bond)とは

エーテル結合(ether bond)とは炭素-酸素-炭素という形式の結合です。炭化水素などの有機化合物が酸素を介して結合しているのが特徴です。エーテル結合が中心になっている有機化合物は一般的にエーテル …