環境・サステナビリティ 用語集

地球温暖化係数(GWP)とは

地球温暖化係数(GWP / Global Warming Potential)とは温室効果の強さの指標です。一定期間における地球温暖化に対する影響の大きさが二酸化炭素の何倍になるかを示しています。例えば、100年の地球温暖化係数は二酸化炭素では1、メタンは25、一酸化二窒素は298、六フッ化硫黄は22,800、三フッ化窒素は17,200といった計算結果があります。大気圏における気体の寿命は種類によって異なるため、20年や50年などに期間を変更すると地球温暖化係数は変わります。長寿命で放射エネルギーを大気中に留める性質が強い気体は地球温暖化係数が大きくなります。 

地球温暖化係数は温室効果ガスとしての規制の必要性を評価する上で重要な指標です。フロン類等は数千~1万数千程度の地球温暖化係数を持っているのが一般的です。フロン類等は少量の排出でも地球温暖化を助長するリスクが高いため、厳しい排出規制がおこなわれています。

なお、地球温暖化係数の計算方法は明確に定義されているわけではありません。IPCC(政府間パネル)における数値も毎回異なっていましたが、現在ではモントリオール議定書のキガリ改正によって定められた100年地球温暖化係数が標準的に用いられています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-環境・サステナビリティ, 用語集
-, , , , , ,

関連記事

lca cfp

エステル結合(ester bond)とは

エステル結合とは酸と水酸基の脱水縮合によって形成される共有結合です。狭義ではカルボン酸とアルコールによって形成された結合を意味しますが、広義ではスルホン酸やリン酸などの無機酸との脱水縮合によってできた …

lca cfp

プライマー(Primer)

プライマー(Primer)とは、下塗り塗料を指す言葉。被塗装物に対して塗料の接着強度を高める目的で使用します。 プライマーは、接着促進剤または化学架橋とも呼ばれ、基材と被着体の接着層として機能し、接着 …

lca cfp

アゴスティック相互作用(agostic interaction)とは

アゴスティック相互作用(agostic interaction)とは遷移金属と配位子のC-H結合の間で形成される三中心二電子結合の一種です。アゴスティック相互作用は中心金属の空のd軌道に対して、C-H …

lca cfp

アニオン重合(anionic polymerization)とは

アニオン重合(anionic polymerization)とは重合反応の活性種がアニオンになっているイオン重合です。アニオン重合ではアニオンの活性種が電子不足なモノマーに対して付加反応を起こし、発生 …

lca cfp

廃プラスチック とは

目次1 中国が輸入禁止する廃プラスチック2 一般廃プラスチック と 産業廃プラスチック3 プラスチック生産量 と 廃プラスチック排出量 と 廃プラスチックの再利用率 中国が輸入禁止する廃プラスチック …