化学用語 用語集

芳香族求電子置換反応(aromatic electrophilic substitution reaction)とは

芳香族求電子置換反応(aromatic electrophilic substitution reaction)とは芳香環上で進行する求電子材との置換反応です。芳香環が求核剤となり、求電子剤と反応して芳香環上の原子が置換されます。一般的に芳香族は共鳴による安定化を受けていて反応性が低いと言われていますが、電子状態によっては高い反応性を示すことも稀ではありません。ヘテロ芳香環ではインドールやピロールのように高い求核性を持つ構造もあります。ベンゼン環でも電子供与性のあるアミノ基やアルコキシ基を有する場合に電子密度が高くなり、求核性を持つのが一般的です。強い求電子剤で処理した際にはアレーニウムイオン中間体を経て芳香族求電子置換反応が進行します。 

芳香族求電子置換反応として有名なのはFreidel-Craftsアルキル化反応・アシル化反応です。ハロゲン化アルキルや酸ハライドに塩化アルミニウムを触媒として作用させることで、アルキルカチオンやアシリウムイオンといった強力な求電子剤を発生させて芳香族求電子置換反応を進行させます。 

高分子合成でも芳香族求電子置換反応が活用されています。架橋剤によって芳香環を架橋する際にはフェノールなどの求核性の高い芳香環を利用して求電子剤を作用させるのが常套手段です。 

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-,

関連記事

lca cfp

SS(Steel Structure)

鉄板のことを指します。元々JISの記号からきた通称。

lca cfp

六ふっ化硫黄(SF₆/sulfur hexafluoride)とは

六ふっ化硫黄(SF₆)は硫黄とフッ素から成る化合物です。沸点が-63.9℃の気体で、水や油への溶解度が低い性質を持っています。不燃性の気体で人体に対して無毒であり、無色無臭のガスとして1960年代から …

lca cfp

分極(polarization)とは

分極(polarization)とは電荷がプラスとマイナスで偏ることや、磁極がN極とS極に分かれることを指します。化学では誘電分極と極性による分子の分極の二種類があります。誘電分極とは外部から電場をか …

lca cfp

有機分子触媒反応(Organocatalysis)とは

L-proline 有機分子触媒反応(Organocatalysis)とは古くから化学反応の触媒としてよく用いられてきた金属を用いずに、有機分子を触媒として用いる反応です。 医薬品合成などの精密有機合 …

lca cfp

京都議定書(Kyoto Protocol)とは

京都議定書(Kyoto Protocol)とは「気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書」が正式名称で、1997年12月に開催されたCOP3(第3回気候変動枠組条約国会議)で採択されました。国立京 …