化学用語 用語集

平衡反応(equilibrium reaction)とは

平衡反応(equilibrium reaction)とは原系から生成系への反応と、生成系から原系への反応が同時に進行して一定の原料と生成物の比率に落ち着く反応です。典型的なのが酸性条件でのエステルの加水分解です。酸触媒での反応ではエステルと水の反応によってカルボン酸とアルコールが生じます。しかし、生成系のカルボン酸とアルコールから酸触媒によってエステルと水を生じる反応が進行するため、正方向と負方向の反応が常に競合することになります。水が過剰に存在する場合には生成系に向かいますが、アルコールを添加すれば逆反応が促進されて原系に向かいます。このように成分組成によって原系と生成系の比率が変わって安定するのが平衡反応です。 

平衡反応では反応をおこなったときに長時間待っていれば安定した生成系と原系の比率になります。この時点で反応が停止したわけではなく、生成系に進む反応と逆反応が均衡を保っている状況です。 

高分子合成では平衡反応による合成でモノマーを大量に用いることがよくあります。逆反応よりも正反応を加速するには原料のモノマーを多くするのが効果的だからです。ただ、合成後のモノマーのロスが多いという問題もあるため、不可逆反応による高分子合成が研究されています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-,

関連記事

lca cfp

PLA(ポリ乳酸/PolyLactic acid)とは

PLAとはポリ乳酸(PolyLactic acid)です。バイオマスプラスチックとしても注目されている生分解性プラスチックです。ネーチャーワイクス、東洋紡、カネカ、浙江海正生物材料、トータルコービオン …

lca cfp

SS(Steel Structure)

鉄板のことを指します。元々JISの記号からきた通称。

lca cfp

非共有電子対(lone pair)とは

非共有電子対(lone pair)は孤立電子対とも呼ばれる結合に関与していない電子対です。最外殻にある電子対の中で他の原子と共有されていないという意味合いで非共有電子対と呼ばれています。 非共有電子対 …

lca cfp

縮合反応(condensation reaction)とは

縮合反応(condensation reaction)とは2つの分子が新しい結合を形成すると同時に、それぞれの分子が持っていた部分構造が結合して脱離する反応です。付加脱離反応の一種として知られています …

lca cfp

【射出成形】焼けの不良原因と改善対策

樹脂焼け 目次1 焼け(Burn Marks)とは?2 射出成形品の焼け跡の主な不良原因と改善対策 焼け(Burn Marks)とは? プラスチック射出成形時の不具合に関して、焼けの問題は最も一般的な …