化学用語 用語集

活性化エネルギー(activated energy)とは

活性化エネルギー(activated energy)とは化学反応で原系から生成系に至るときに乗り越えなければならないエネルギー障壁です。化学反応を進行させるために外部から加える必要があるエネルギーとも表現できます。熱や光によるエネルギーを与えて活性化エネルギーを超えたら反応が進行します。

化合物が安定に存在できるのはさまざまな反応の活性化エネルギーが高いからです。プラスチックが日常的に利用できるくらいに安定なのは、水や酸素などとの反応の活性化エネルギーが高くて反応しにくいのが理由です。安定で利用価値が高い素材を開発するには、使用環境でさらされる可能性がある条件を考慮して、活性化エネルギーを超えるリスクがない素材に仕上げる必要があります。

化学反応によってプラスチックなどの有用物質を効率的に合成するには活性化エネルギーを下げる必要があります。触媒作用が活性化エネルギーを下げる目的で活用されています。触媒は反応を進行しやすくするのが特徴で、になっている役割は活性化エネルギーの低下です。より小さなエネルギーで反応を進行させられるため、安価かつ迅速に合成を進められます。触媒によって活性化エネルギーを下げるのはプラスチックの合成だけでなく分解・再利用にも利用されている技術です。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-,

関連記事

lca cfp

酸化反応・還元反応(oxidation reaction/reduction reaction)とは

酸化反応・還元反応(oxidation reaction/reduction reaction)とは表裏一体の関係にある物質の酸化・還元を伴う化学反応です。酸化反応は物質に酸素原子が付与されるか、電子 …

lca cfp

クロロフルオロカーボン類(CFCs/chlorofluorocarbons)とは

クロロフルオロカーボン類(CFCs/chlorofluorocarbons)は炭素原子、塩素原子、フッ素原子から構成される化合物で、フロン類の中でも特定フロンに該当します。クロロフルオロカーボン類の中 …

lca cfp

アルドール反応(aldol reaction)とは

アルドール反応(aldol reaction)とはカルボニル化合物同士が塩基性または酸性の条件下で起こす求核付加反応です。カルボニル基のα位に酸性プロトンを有するカルボニル化合物がエノールまたはエノラ …

lca cfp

昇華性(sublimability)とは

昇華性(sublimability)とは物質が固体から気体に直接変わる性質を指します。多くの物質は相転移をするときには混体から液体を経て気体になりますが、昇華性の物質は液体にならないのが特徴です。  …

lca cfp

ヘテロリシス(heterolysis)とは

ヘテロリシス(heterolysis)とはヘテロリティック開裂とも呼ばれる結合の開裂反応です。2つの原子間の共有結合が不均一に開裂することによって、電気的に中性の化合物からカチオンとアニオンが発生しま …