化学用語 用語集

活性化エネルギー(activated energy)とは

活性化エネルギー(activated energy)とは化学反応で原系から生成系に至るときに乗り越えなければならないエネルギー障壁です。化学反応を進行させるために外部から加える必要があるエネルギーとも表現できます。熱や光によるエネルギーを与えて活性化エネルギーを超えたら反応が進行します。

化合物が安定に存在できるのはさまざまな反応の活性化エネルギーが高いからです。プラスチックが日常的に利用できるくらいに安定なのは、水や酸素などとの反応の活性化エネルギーが高くて反応しにくいのが理由です。安定で利用価値が高い素材を開発するには、使用環境でさらされる可能性がある条件を考慮して、活性化エネルギーを超えるリスクがない素材に仕上げる必要があります。

化学反応によってプラスチックなどの有用物質を効率的に合成するには活性化エネルギーを下げる必要があります。触媒作用が活性化エネルギーを下げる目的で活用されています。触媒は反応を進行しやすくするのが特徴で、になっている役割は活性化エネルギーの低下です。より小さなエネルギーで反応を進行させられるため、安価かつ迅速に合成を進められます。触媒によって活性化エネルギーを下げるのはプラスチックの合成だけでなく分解・再利用にも利用されている技術です。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-,

関連記事

用語集

求核置換反応(nucleophilic substitution reaction)とは

求核置換反応(nucleophilic substitution reaction)とは求核剤が反応点に求核攻撃をした後、特定の置換基が脱離することで起こる反応です。典型的な求核置換反応にはSN2反応 …

用語集

ポリアミドイミド(POLYAMIDEIMIDE,PAI)とは

目次1 物性1.1 合成2 市販のポリアミドイミド3 用途 物性 ポリアミドイミド(PAI)は、黄色から茶色の色をした高性能非晶質エンジニアリング熱可塑性プラスチックです。優れた熱的、機械的、化学的特 …

用語集

【射出成形】反り(そり)の不良原因と改善対策

射出成形の反り(warpage)不良とは、冷却プロセスのある要件を原因として、成形品の形状が不良変形してしまうことです。金型の反りにより、成形品が折り曲げられたり、曲がったり、ねじれたりするなどの不良 …

用語集

ポリアミド(POLYAMIDES)とは-ポリラクタム/ポリフタルアミド/ポリアラミド

目次1 物性2 商業用ポリアミド3 用途 物性 ポリアミド(PA)は、二酸とジアミンの反応、またはラクタムの開環重合によって生成されます。それらは、脂肪族、半芳香族、または完全に芳香族の熱可塑性プラス …

用語集

生分解性プラスチック(Biodegradable plastic)とは

目次1 生分解性プラスチックとは2 生分解性プラスチックと通常のプラスチックの違い3 生分解性プラスチックの作り方3.1 1.微生物系3.2 2.天然物系3.3 3.化学合成系4 循環型社会を目指す上 …