化学用語 用語集

ウィッティヒ反応(Wittig reaction)とは

ウィッティヒ反応(Wittig reaction)とはアルデヒドやケトンとリンイリドによってアルケンを生成する反応で、ゲオルク・ウィッティヒによって1954年に報告されました。カルボニル基の炭素-酸素の二重結合を炭素-炭素の二重結合に置き換えられる反応として活用されています。

ウィッティヒ反応で用いられるリンイリドはウィッティヒ試薬とも呼ばれています。典型的なのはハロゲン化アルキルとトリフェニルホスフィンの反応によって生じるホスホニウム塩に対してn-ブチルリチウムやカリウムヘキサメチルジシラジド(KHMDS)などを作用させることにより発生させるイリドです。ホスホニウム塩の形成によってリン原子が形式電荷を持ち、隣接するカルボアニオンを安定化させることによってイリドが形成されます。イリドは求核性を持つため、カルボニル基の炭素に求核付加反応を起こします。求核付加反応によって発生したアルコキシドがリンと共有結合を形成し、安定なトリフェニルホスフィンオキシドを形成するように脱離反応が進行してアルケンが生成します。

ウィッティヒ反応ではイリドの安定性によってアルケンの幾何異性体の選択性に違いがあります。一般的には安定イリドからはE体、不安定イリドからはZ体が生成するのが特徴です。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-

関連記事

lca cfp

ロックウェル硬さ試験とは(JIS K 7202)

目次1 ロックウェル硬さ試験(Rockwell Hardness)とは2 ロックウェル硬さ試験例 ロックウェル硬さ試験(Rockwell Hardness)とは 測定機に圧子(剛球)を取り付け、試料を …

lca cfp

配向力・誘起力・分散力から成るファンデルワールス力

ファンデルワールス力(van der Waals’ force)とは19世紀から20世紀に活躍した物理学者ヨハネス・ディーデリック・ファン・デル・ワールスによって提唱された分子間力の1つで …

lca cfp

アゴスティック相互作用(agostic interaction)とは

アゴスティック相互作用(agostic interaction)とは遷移金属と配位子のC-H結合の間で形成される三中心二電子結合の一種です。アゴスティック相互作用は中心金属の空のd軌道に対して、C-H …

lca cfp

エステル結合(ester bond)とは

エステル結合とは酸と水酸基の脱水縮合によって形成される共有結合です。狭義ではカルボン酸とアルコールによって形成された結合を意味しますが、広義ではスルホン酸やリン酸などの無機酸との脱水縮合によってできた …

lca cfp

誘電率(permittivity)とは

誘電率(permittivity)とは化学の分野では分子が分極することによって静電相互作用を起こしやすいかどうかを示す使用です。物理学ではコンデンサによって電荷を蓄えられる容量が誘電率とされています。 …