化学用語 用語集

けん化(saponification)とは

けん化(saponification)とはアルカリ性条件によってエステルを加水分解することです。石鹸の製造でよく用いられていて、油脂をアルカリによって加水分解することにより脂肪酸塩とグリセリンに分解する方法がよく用いられています。

アルカリとしては苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)が主流ですが、水酸化カリウムも利用される場合があります。油脂のけん化では必要な水酸化ナトリウムまたは水酸化カリウムの量をけん化価と呼びます。1gの油脂をけん化するのに必要なアルカリのmg数として定義されていて、油脂の脂肪酸エステル部位の数によってけん化価が変わります。

けん化はエステルのアルカリ加水分解という広い意味があり、石鹸の製造以外でも活用されています。ポリマー合成ではポリビニルアルコール(PVA)の物性を整えるのにけん化が活用されています。酢酸ビニルの重合によって合成したPVAを水酸化ナトリウム水溶液でけん化することにより、酢酸基と水酸基のバランスを調整することで物性を変えることが可能です。水酸基が露出した割合はけん化度と呼ばれていて、PVAの物性や品質を管理する指標として用いられています。一般的にはけん化度が高いほど年度と被膜強度が高くなりますが、水への溶解性が低下します。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-, , , , , , , , , ,

関連記事

用語集

ガラス転移点 とは

ポリマー分子の熱運動について、その特性が急激に変わる転移温度があります。その転移温度には、大きく分けて2つのポイントがあり、ガラス転移点と融点が存在します。 熱可塑性樹脂の結晶性樹脂は、かかる温度が融 …

用語集

グラフトポリマー(graft polymer)とは

グラフトポリマー(graft polymer)とはグラフト重合によって合成された分岐構造を持つポリマーです。グラフト(graft)とは接ぎ木の意味で、ポリマーに成長末端とは異なる反応点を作り出して、接 …

用語集

ジアステレオマー(diastereomer)とは

ジアステレオマー(diastereomer)とは立体異性体の中で、エナンチオマーに該当していないものを指します。立体異性体とは平面の化学構造は一致していても、立体構造を見たときには回転や平行移動をして …

用語集

クロロフルオロカーボン類(CFCs/chlorofluorocarbons)とは

クロロフルオロカーボン類(CFCs/chlorofluorocarbons)は炭素原子、塩素原子、フッ素原子から構成される化合物で、フロン類の中でも特定フロンに該当します。クロロフルオロカーボン類の中 …

用語集

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer) 生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは環境中に置いておくだけで有意な速度で分解が進行していき、分解物が自然に …