化学用語 用語集

反応速度定数(reaction rate constant)とは

反応速度定数(reaction rate constant)とは化学反応が原系から生成系に向かう速度の指標です。温度や圧力が一定で、同じ溶媒での反応であれば反応速度は基質の濃度に依存して変化します。反応速度定数は一定の条件下において、反応基質の濃度と反応速度の関係を示す比例定数です。 

例えば、化合物Aが自然分解する場合に分解速度をvとするとv=k[A]という関係式が成り立ちます。放射線同位体の分解が典型例で、Aの濃度に比例して分解が進行します。この際のkが反応速度定数で、kが大きいほど分解速度が大きくなります。 

また、1分子のAと1分子のBから1分子のCが生じる反応では、Cの生成速度がAとBの濃度に比例します。この場合には反応速度=Cの生成速度をvとすると、v=k[A][B]と表記することが可能です。 

反応速度定数kは反応の活性化エネルギーと温度によって大きく変化します。アレニウスの式によって以下のように一般化が可能です。 
k=Aexp(-E/RT) 
Aは頻度因子などと呼ばれる定数で反応の性質によって決まります。Eは活性化エネルギー、Rは気体定数です。反応速度定数は反応速度の指標として有用で、合成速度を上げられるか、反応温度をどの程度にしたら良いかを評価するのに活用されています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-

関連記事

用語集

ポリビスマレイミド(POLYBISMALEIMIDES/BMI)とは

目次1 ポリビスマレイミド(POLYBISMALEIMIDES/BMI)の物性2 市販のポリビスマレイミド(POLYBISMALEIMIDES/BMI)3 ポリビスマレイミド(POLYBISMALEI …

用語集

【射出成形】ヒケとボイドの不良原因と改善対策

ヒケ(sink mark)は、一般的に肉厚が厚い部分を有する成形品において、またはリブ、ボス、内部フィレットなどの場所で樹脂の収縮によって発生する局所的な表面凹み関する成形不良です。また、表面にヒケが …

用語集

脆化(ぜいか)温度-brittle(ness) temperature/brittle pointとは

脆化(ぜいか)温度[brittle(ness) temperature / brittle point]とは、脆化点ともいわれ、一般的にプラスチックを低温環境にさらし、脆性破壊が起こる限界温度のことを …

用語集

ポリ尿素(POLYUREA)

目次1 物性2 市販の尿素樹脂3 用途 物性 ポリ尿素(POLYUREA)は、イソシアネートとアミンの反応生成物です。これらの樹脂系は、同様のコーティング用途でポリウレタンと競合することがよくあります …

用語集

オレフィン樹脂 とは

オレフィン樹脂とは、プラスチック樹脂の中でエチレン、プロピレンなどの単独重合体、または、共重合体の樹脂のことを指します。オレフィンはアルケンとも呼ばれます。 またオレフィン樹脂は、炭化水素において二重 …