化学用語 環境・サステナビリティ 用語集

ハイドロクロロフルオロカーボン類(HCFCs/hydrochlorofluorocarbons)とは

ハイドロクロロフルオロカーボン類(HCFCs/hydrochlorofluorocarbons)は炭素原子、水素原子、塩素原子、フッ素原子から構成される化合物で、フロン類の中でも特定フロンに該当します。ハイドロクロロフルオロカーボン類の中で代表的なのはHCFC-22(CHClF2)、HCFC-123(CHCl2CF3)、HCFC-124(CHCIFCF3)、HCFC-141b(CH3CCl2F)、HCFC-225ca(CF3CF2CHCI2)、HCFC-225cb(CClF2CF2CHClF)の6種類です。 

ハイドロクロロフルオロカーボン類はクロロフルオロカーボン類の代替製品として登場しました。オゾン層破壊能力がクロロフルオロカーボン類の数%程度で、環境負荷が小さいフロン類として急速に利用が進みました。ハイドロクロロフルオロカーボン類は家庭用エアコンや業務用要冷蔵冷凍庫の冷媒、発泡剤や洗浄剤として用いられています。 

しかし、クロロフルオロカーボン類に比べると低いとはいえ、オゾン層破壊能力がある地球温暖化ガスであることから規制対象になりました。2016年の地球温暖化の防止に貢献するキガリ改正によって2019年から規制が開始されるスケジュールが立てられ、世界全体からの全廃を目指す取り組みが進められています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 環境・サステナビリティ, 用語集
-,

関連記事

lca cfp

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer) 生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは環境中に置いておくだけで有意な速度で分解が進行していき、分解物が自然に …

lca cfp

ポリ尿素(POLYUREA)

目次1 物性2 市販の尿素樹脂3 用途 物性 ポリ尿素(POLYUREA)は、イソシアネートとアミンの反応生成物です。これらの樹脂系は、同様のコーティング用途でポリウレタンと競合することがよくあります …

lca cfp

メラミン樹脂(MF樹脂/melamine resin)とは

メラミン樹脂(MF樹脂/melamine resin)とは硬度や強度が高い熱硬化性樹脂の一種です。1938年に工業生産が始められてから、メラミン樹脂は安価な熱硬化性樹脂として広まりました。成形性が高く …

lca cfp

ポリテトラメチレンアジペート・コ・テレフタレートとは

ポリテトラメチレンアジペート・コ・テレフタレートとはGSIクレオスによって販売されているPBATです。ポリブチレンアジペートテレフタラートとも呼ばれ、1,4-ブタンジオール(1,4-BD)、アジピン酸 …

lca cfp

可逆反応(reversible reaction)とは

可逆反応とは原系から生成系への進行だけでなく、生成系から原系への進行も起こる反応です。想定している正方向の反応とは逆方向の反応もエネルギー的に起こり得るときに可逆反応と呼びます。 可逆反応は原系と生成 …