化学用語 用語集

pHとは

pHとは水素イオン指数や水素指数、水素イオン濃度指数と呼ばれる物理量です。希薄溶液のpHは水素イオンのモル濃度の常用対数に相当します。希薄溶液における計算式は水死音濃度を[H+]とするとpH=-log10[H+]です。JISやIUPACなどでは水素イオンの活量によってpHを定義しています。水素イオンの活量をaH+とすると、pH=-log10aH+として計算することが可能です。 

pHは水溶液の酸性度を示す指標としてよく用いられています。pHが小さいほど酸性度が高く、pHが大きいほど塩基性が高くなります。希薄水溶液ではpHが7のときが中性です。希薄水溶液の場合には水の電離によって溶液中に存在している水素イオンと水酸化物イオンの濃度の積が10のマイナス14乗mol/Lになっています。そのため、水素イオンと水酸化物イオンの濃度が等しくなるときにはそれぞれの濃度は10のマイナス7乗なので、pHが7のときに中性になります。 

pHは水溶液の特徴を評価する重要な指標です。例えば、pHが小さい酸性溶液では塩基性物質の溶解性が高くなり、pHが大きい塩基性溶液では酸性物質の溶解性が高くなります。アミノ酸のように酸性官能基と塩基性官能基を持つ物質の場合には等電点のpHになると溶解性が最も低くなるのが一般的です。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-

関連記事

lca cfp

HSAB則とは?酸塩基反応の予測

HSAB則(Hard and soft acid and base theory)とはラルフ・ピアソンによって報告された酸塩基反応の予測に用いられる定性的な法則です。HSABとはHard、Soft、A …

lca cfp

ハイドロフルオロカーボン類(HFCs/hydrofluorocarbons)とは

ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)は炭素原子、水素原子、フッ素原子から構成される化合物で、フロン類の中で代替フロンに該当します。ハイドロフルオロカーボン類の中で代表的な物質にはHFC-125(CH …

lca cfp

σ結合(sigma bond)とは

σ結合(sigma bond)とは分子軌道理論によって定義された結合軸を持つ方向性のある共有結合です。2つの原子間で形成される結合の一種で、分子軌道関数による相互作用が結合軸に対して対称形になるのがσ …

lca cfp

潮解性(deliquescency)とは

潮解性(deliquescency)とは固体が空気中の水分を吸収して溶解する性質です。潮解は物質の飽和水溶液の蒸気圧が空気中の水蒸気圧よりも小さい場合に起こります。水蒸気が物質表面にある飽和水溶液に取 …

lca cfp

π結合(pi bond)とは

π結合(pi bond)とは隣り合う二つの原子のp軌道やd軌道などの相互作用によって生じる結合です。π結合はp軌道やd軌道の二原子間共有によって形成される結合で、二重結合や三重結合の形成にかかわってい …