用語集

ポリ無水物(POLYANHYDRIDES)

物性

ポリ酸無水物は、ポリマー骨格の繰り返し単位にある無水物基を特徴とする重要なクラスの生分解性ポリマーです。無水物は加水分解の影響を非常に受けやすく、代謝して体内から除去できる非毒性の二酸モノマーに分解されます。つまり、多くのポリ無水物は生体適合性があると考えられています。この特性により、このクラスのポリマーは、薬物送達システムの生分解性制御放出コーティングとして適しています。

無水物結合は加水分解に非常に敏感ですが、水分子は結晶領域に浸透できないため、結晶性ポリマーは水性環境で非常に安定しています。ポリマーをより加水分解しやすくするために、脂肪族無水物は、結晶化度を低下させる芳香族二酸と共重合されます。そのようなポリマーの侵食速度は、組成に応じて数日から数年まで変化し得る。純粋な芳香族ポリ無水物は時間とともに脆くなり、最終的に水にさらされると断片化し、ポリマー腐食よりも迅速に水溶性薬物が放出されますが、芳香族無水物と天然に存在するオレイン酸やセバシン酸などの脂肪酸から調製された無水物のコポリマー、数日から数年にわたって劣化率を制御しています。

最も広く使用されているポリ無水物には、セバシン酸(SA)と1,3-ビス(p-カルボキシフェノキシプロパン(CPP)の共重合体があります。疎水性ブロック(CPP)と親水性ブロック(SA)の比率を変えることにより、劣化率を達成できます。

PEI

用途

ポリ無水物は、医療機器や製薬業界で使用されています。それらは、有効成分の放出速度を制御するための薬物送達システムの放出制御コーティングとして使用されます。それらはまた、経時的に安全に分解する一時的な医療インプラントとして使用することができ、したがって、除去のための第二の外科的発明の必要性を排除します。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-,

関連記事

lca cfp

リビング重合(living polymerization)とは

リビング重合(living polymerization)とは活性種が反応系において安定に存在する重合反応です。リビング重合出ない場合には活性種が反応系で停止反応を受けてしまい、自然に重合反応が止まり …

lca cfp

開始剤(initiator)とは

開始剤(initiator)とは化学の分野では反応の開始を促進するための物質を指します。安定な物質も開始剤によって反応を促進することで通常は起こらない反応が進むようになります。特にポリマー合成では重合 …

【機械特性試験】引張強さ試験(JIS K 7113)

ダンベル型試験片を使い、荷重及び引張速度をかえて試験を行います。熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂、強化プラスチックについて規定されています。 引張り強さ σ=F/A σ:引張降伏強さ、引張破壊強さ、規定ひず …

lca cfp

生分解性バイオプラスチック(BIODEGRADABLE BIOPLASTICS)

バイオプラスチックは、デンプン、セルロース、植物油、植物脂肪などの再生可能な原料から得られるプラスチックです。それらは生分解性であってもなくてもよく、一部は部分的にのみバイオベースです。つまり、再生可 …

lca cfp

誘電率(permittivity)とは

誘電率(permittivity)とは化学の分野では分子が分極することによって静電相互作用を起こしやすいかどうかを示す使用です。物理学ではコンデンサによって電荷を蓄えられる容量が誘電率とされています。 …