化学用語 用語集

有機塩素化合物(organochroine compounds)とは

有機塩素化合物(organochroine compounds)とは塩素原子を含有する有機化合物です。最も単純な有機塩素化合物は炭素原子に3つの水素原子と1つの塩素原子が結合した塩化メチル(クロロメタン)です。狭義では炭素・水素・塩素から成る有機化合物を指しますが、広義では窒素や酸素、他のハロゲンなどを含む場合にも有機塩素化合物と呼びます。 

炭素原子に対して2つの水素原子と2つの塩素原子が結合した塩化メチレン(ジクロロメタン)や1つの水素原子と3つの塩素原子が結合したクロロホルムは有機溶剤としてよく用いられています。トリクロロエタンやテトラクロロエチレンなどの有機塩素化合物はドライクリーニングに使用されています。DDTやペンタクロロフェノールなどの殺虫剤、塩化ビニルなどの樹脂、スクラロースなどの甘味料、ラモトリジンやイソフルランなどの医薬品のように有機塩素化合物はさまざまな用途で用いられている化合物群です。 

有機塩素化合物は天然物にも存在していますが、多くの有機塩素化合物は人工的に合成されています。有用性の高い物質が多数開発されているものの、有機塩素化合物の中は人に対する毒性や環境への残留性を持つ物質もあります。ダイオキシン類やDDT、フロンやホスゲンなどの一部の有機塩素化合物は規制を受けています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-

関連記事

lca cfp

過酸化物(peroxide)とは

過酸化物(peroxide)とは2つの酸素原子が単結合によって結合している構造を持つ化合物です。過酸化物はペルオキシドとも呼ばれています。過酸化物の一方の酸素がアルキル基によって置換され、他方は水素が …

lca cfp

酵素反応(enzyme reaction)とは

酵素反応(enzyme reaction)とは酵素を触媒として進行する反応です。酵素は生物が体内で生合成している機能性タンパク質の総称で、特定の基質を認識して反応を進行させる活性があります。エステル化 …

lca cfp

架橋剤(crosslinking agent)とは

架橋剤(crosslinking agent)とはポリマー同士またはポリマー内で化学的に結合させるための物質です。高分子合成では重合反応によってポリマーを合成した後、架橋することによって物理的性質や化 …

lca cfp

誘電率(permittivity)とは

誘電率(permittivity)とは化学の分野では分子が分極することによって静電相互作用を起こしやすいかどうかを示す使用です。物理学ではコンデンサによって電荷を蓄えられる容量が誘電率とされています。 …

lca cfp

脂肪族(Aliphatic)とは

脂肪族とは炭素のみによって構成される鎖状の骨格を持つ化合物です。最小の脂肪族はメタンで炭素1つから成っています。脂肪族炭化水素にはエタンやアセチレン、プロパンなどのさまざまな化合物があります。 環状化 …