用語集

アイゾット衝撃試験とは

衝撃強さの値を調べるのに頻繁に使用される指標のこと。

通常、家電製品や車載部品、工業用部品に使用される樹脂製品やプラスチック部品において、その製品や部品の素材そのものの強度評価が行われています。

例えば、実用上簡単に壊れてはならないカメラや携帯電話の筐体、自動車の内外装部品などは、信頼性が満足する強度素材を選択する必要があります。

そこで利用される樹脂素材の強度試験の一つが、アイゾット衝撃試験です。使用する単位はJ/mです。

試験片(通常ノッチと呼ばれる切り込みを入れます)の一端を固定し,振子型のハンマーで衝撃を与えた時の吸収エネルギーを計測します。

この計測した値が大きければ大きいほど、要した衝撃エネルギーが大きいため、衝撃強度も強いことになります。

アイゾット衝撃強さ 計算式

1回の衝撃に要したエネルギーをEとし、試験片のノッチが入っている側面の幅をbとして、アイゾット衝撃強さαは次のように求められます。

α=E/b

また,ハンマーの質量をW,回転軸から重心までの距離をR,持ち上げ角をθ1,試験片破断後の振り上げ角をθ2、摩擦によって損失したエネルギをLとすると、Eは次のように表せます。

E=WR(cosθ2−cosθ1)−L

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-

関連記事

用語集

【射出成形】焼けの不良原因と改善対策

樹脂焼け 目次1 焼け(Burn Marks)とは?2 射出成形品の焼け跡の主な不良原因と改善対策2.1 充填部の最後に焼けが発生したケース2.2 樹脂が炭化しています。溶融段階に入ると、炭化した樹脂 …

用語集

共重合(copolymerization)とは

共重合(copolymerization) 共重合(copolymerization)とは複数のモノマーを重合させてポリマーを合成する方法です。よく行われているのは二種類のモノマーを重合させる方法です …

用語集

EEA(エチレン・アクリル酸エチル共重合体/Ethylene-Ethyl Acrylate copolymer)とは

目次1 EEAとは2 EEAの特性3 EEAの用途 EEAとは EEAとはエチレン・アクリル酸エチル共重合体です。英語ではEthylene-Ethyl Acrylate copolymerなのでEEA …

用語集

【押出し成形】成形不良対策(ゲル化・ダイライン・ブツ・偏肉・フローマーク・肌荒・パリソンのウェルドライン/湾曲)

押出し成形の不良対策一覧 成形不良原因対策ダイライン異物の混入金型不良成形材料を変更するクロスヘッドダイラインの掃除偏肉ダイセットの不良ダイセットの再調整パリソンのウェルドライン金型不良樹脂温度が低い …

用語集

ポリジエン(ジエンエラストマー・合成ゴム)とは-POLYDIENES

目次1 ポリジエン(ジエンエラストマー・合成ゴム)の物性2 市販のジエンエラストマー2.1 ポリジエン(ジエンエラストマー・合成ゴム)の用途 ポリジエン(ジエンエラストマー・合成ゴム)の物性 ジエンエ …