用語集

アイゾット衝撃試験とは

衝撃強さの値を調べるのに頻繁に使用される指標のこと。

通常、家電製品や車載部品、工業用部品に使用される樹脂製品やプラスチック部品において、その製品や部品の素材そのものの強度評価が行われています。

例えば、実用上簡単に壊れてはならないカメラや携帯電話の筐体、自動車の内外装部品などは、信頼性が満足する強度素材を選択する必要があります。

そこで利用される樹脂素材の強度試験の一つが、アイゾット衝撃試験です。使用する単位はJ/mです。

試験片(通常ノッチと呼ばれる切り込みを入れます)の一端を固定し,振子型のハンマーで衝撃を与えた時の吸収エネルギーを計測します。

この計測した値が大きければ大きいほど、要した衝撃エネルギーが大きいため、衝撃強度も強いことになります。

アイゾット衝撃強さ 計算式

1回の衝撃に要したエネルギーをEとし、試験片のノッチが入っている側面の幅をbとして、アイゾット衝撃強さαは次のように求められます。

α=E/b

また,ハンマーの質量をW,回転軸から重心までの距離をR,持ち上げ角をθ1,試験片破断後の振り上げ角をθ2、摩擦によって損失したエネルギをLとすると、Eは次のように表せます。

E=WR(cosθ2−cosθ1)−L

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-

関連記事

lca cfp

分子量(molecular mass)とは

分子量(molecular mass)とは分子1モルの質量のグラム数です。分子の相対質量として用いられています。分子量は分子を構成する原子の原子量の総和として求めるのが一般的です。原子量は炭素12に対 …

lca cfp

PLA(ポリ乳酸/PolyLactic acid)とは

PLAとはポリ乳酸(PolyLactic acid)です。バイオマスプラスチックとしても注目されている生分解性プラスチックです。ネーチャーワイクス、東洋紡、カネカ、浙江海正生物材料、トータルコービオン …

lca cfp

SS(Steel Structure)

鉄板のことを指します。元々JISの記号からきた通称。

lca cfp

光化学オキシダント(photochemical oxidant)とは

光化学オキシダント(photochemical oxidant)とは窒素酸化物や炭化水素が紫外線によって光化学反応を起こして発生する酸化性物質です。工場の排煙や自動車の排気ガスなどが原因で発生すること …

lca cfp

アミノ酸(amino acid)とは

アミノ酸(amino acid)とはアミノ基とカルボキシル基を有する化合物です。狭義ではアミノ基とカルボキシル基が同じ炭素原子に結合しているα-アミノ酸を指しますが、隣接する炭素にそれぞれアミノ基とカ …