化学用語 用語集

ウレタン樹脂(PU樹脂/ポリウレタン/Polyurethane)とは

ウレタン構造

ウレタン樹脂(PU樹脂/ポリウレタン/Polyurethane)はウレタン結合によって形成されるポリマーの総称です。ウレタン結合とはイソシアネートとアルコールによって形成されるカルバマート(カーバメート)結合を指します。ウレタン樹脂の合成では一般的にポリイソシアネートとポリオールの重合反応が用いられています。使用するポリイソシアネートとポリオールの性質によってさまざまな物性のポリウレタンを合成することが可能です。

ウレタン樹脂は弾性が高くてクッションとしての役割を果たす樹脂材料の製造に向いています。エラストマーの製造にもウレタン樹脂がよく用いられていて、シューズのソールや時計のリストバンドなどの典型的な材料の一つです。ウレタン樹脂は耐油性や耐薬品性も高い性質がありますが、耐水性や耐熱性はあまり高くはありません。日常的な使用では問題がありませんが、工業用途では利用シーンが限られます。

また、ウレタン樹脂の合成時に発泡剤を添加することでウレタンフォームの製造もおこなわれています。ウレタンフォームは安価な断熱材や緩衝材として用いられている樹脂です。コーキング剤や防音材としての用途も多く、ウレタン樹脂は建築業界では欠かせない樹脂の一つになっています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-, , , ,

関連記事

用語集

メラミン樹脂(MF樹脂/melamine resin)とは

メラミン樹脂(MF樹脂/melamine resin)とは硬度や強度が高い熱硬化性樹脂の一種です。1938年に工業生産が始められてから、メラミン樹脂は安価な熱硬化性樹脂として広まりました。成形性が高く …

【機械特性試験】引張強さ試験(JIS K 7113)

ダンベル型試験片を使い、荷重及び引張速度をかえて試験を行います。熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂、強化プラスチックについて規定されています。 目次1 引張り強さ2 伸び3 引張弾性率4 引張耐力5 引張割線 …

用語集

PETS(ポリエチレンテレフタラートサクシネート/Polyethylene Terephthalate succinate)とは

PETSとはポリエチレンテレフタラートサクシネート(Polyethylene Terephthalate succinate)です。PETSは生分解性プラスチックの一種でDuPont社によって生産され …

用語集

エポキシビニルエステル樹脂(VER)とは

目次1 エポキシビニルエステル樹脂(VER)の物性2 市販のエポキシビニルエステル樹脂(VER)3 エポキシビニルエステル樹脂(VER)の用途 エポキシビニルエステル樹脂(VER)の物性 エポキシビニ …

用語集

曲げ強さ・曲げ強度 とは

「曲げ強さ・曲げ強度」とは、曲げ荷重に対して亀裂や破壊が生じる力・応力のこと。その曲げ試験は、平板の試験片を水平にし、試験片の両端を支持して、真ん中を圧子で圧縮を与えます。その時のひずみと応力の関係か …