化学用語 用語集

エステル結合(ester bond)とは

エステル結合とは酸と水酸基の脱水縮合によって形成される共有結合です。狭義ではカルボン酸とアルコールによって形成された結合を意味しますが、広義ではスルホン酸やリン酸などの無機酸との脱水縮合によってできた結合もスルホン酸エステル結合、リン酸エステル結合と呼ばれます。

エステル結合は強酸や強塩基によって加水分解が起こりやすい性質があります。エステル結合が水によって切断されて酸と水酸基になるのが加水分解です。

ポリマーの合成にもエステル結合は頻繁に用いられています。ポリエステルと呼ばれるポリエチレンテレフタラート(PET)やポリブチレンテレフタラート(PBT)が代表例です。PET樹脂はペットボトルの材料なので身近なところにもエステル結合が存在しています。

また、エステル結合は香料原料・香り成分にも存在する結合です。エステル結合によってできるエステルは酸とアルコールの種類によって物性が大きく異なります。炭素数の少ないエステルは独特の芳香を持つことが多く、フルーツの香り成分としても有名です。炭素数によっては異臭を放つ場合もあるため、エステル結合を含む製品の開発ではエステル結合の形成方法の検討が必要になる場合もあります。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-, , ,

関連記事

用語集

コポリマー(二元共重合体/copolymer)

一般的に共重合体とは、2種類以上のモノマー(単量体)を重合させ、ポリマー(重合体)にしたものを指します。但し、もう少しく説明すると、2種類のモノマー(単量体)を用いたものをコポリマー(二元共重合体)。 …

用語集

脆性破壊(brittle fracture)とは

物体に外力を作用させると、弾性変形・塑性変形を生じた後、破壊に至ります。破壊するまでの変形が小さく、かつ、弾性変形のみであって、永久変形がないが、あっても無視できるほどに小さい(たとえば5%以下)とき …

用語集

尿素ホルムアルデヒド樹脂(UREA-FORMALDEHYDE RESINS/ユリア樹脂/UF)

目次1 物性2 合成3 市販のUF樹脂4 用途 物性 尿素ホルムアルデヒド(UF)製品(アミノプラストとも呼ばれる)は、高度に架橋された半結晶性熱硬化性プラスチックです。UF樹脂は、その高い強度、剛性 …

用語集

CPE(塩素化ポリエチレン/Chlorianted Polyethylene)とは

目次1 CPE(塩素化ポリエチレン/Chlorianted Polyethylene)とは2 CPE(塩素化ポリエチレン/Chlorianted Polyethylene)の特性3 CPE(塩素化ポリ …

用語集

【射出成形】シルバーストリークの不良原因と対策

目次1 シルバーストリーク(Silver streaks)とは2 シルバーストリーク(Silver streaks)の主な不良原因2.1 水分による原因2.2 空気 による原因2.3 劣化し …