射出成形の用語

【射出成形】成形品の事前条件

設計制作条件は下記の4項目があります。

  1. その成形品はどのような樹脂・プラスチックで作られているか
  2. その成形品の形状は成形に適した形状、条件を持っているか。また寸法精度に無理はないか。
  3. どこのメーカーの成形機を使用するか。
  4. 射出成形をするときの条件(何秒サイクルで成形するか、ロットはどの程度か)

成形品にとって望ましいこと

  1. 最小の収縮率
  2. 最小の歪み
  3. 寸法安定性が良い
  4. 衝撃強度が高いこと
  5. 表面性が良いこと
  6. 清浄、洗浄剤に溶解されないこと

予備乾燥

樹脂・プラスチックの乾燥方法には、以下の2通りの方法があります。

  1. 熱風式
  2. 除湿式

樹脂温度が280度以上の樹脂でPA(ポリアミド・ナイロン)、スーパーエンジニアリングプラスチック等の樹脂は除湿式が多く使用されています。

成形品を安定維持させるための温度管理方法

工場内の温度管理

  • 出入り口:外部からの風の影響はかなり大きいので、できれば2重扉やエアカーテン、ビニール等で遮断することが望ましい。
  • 窓ガラス:ガラスからの直射日光は遮断することが望ましい。窓なし構造か反射フィルムの設置が望ましい。
  • 空調設備:昼夜の寒暖差を可能なかぎり±5度以下で管理することが望ましい。ルームファンによる温度調整も有効。

機械の温度管理

  • 仕切り:機械付近の風は、金型および加熱筒などに与える影響が大きい。なので、仕切りによる風の遮断が望ましい。
  • 電動射出成形機:作動油を持たないので温度に対する安定性がとても良い。特にウォームアップをする必要がない。

樹脂の温度管理

  • 乾燥機など:樹脂の温度管理のため乾燥機へ投入する。ホッパ投入樹脂の温度の安定性は重要です。

ホッパ下の温度管理

  • ホッパ下の温度調整機能:安定した樹脂噛み込みは、この位置の温度の安定化が重要です。成形機の機能の一つ。

金型温度管理

  • 金型温調機:過去に水道水などの垂れ流しで代用している例もあるが、理想的には金型温度調節機の使用が良い。温度調節機としては高圧、高流量タイプが望ましい。また、金型の冷却の設計も重要。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-射出成形の用語
-

関連記事

用語集

【射出成形】反り(そり)の不良原因と改善対策

射出成形の反り(warpage)不良とは、冷却プロセスのある要件を原因として、成形品の形状が不良変形してしまうことです。金型の反りにより、成形品が折り曲げられたり、曲がったり、ねじれたりするなどの不良 …

用語集

【射出成形】バリの不良原因と改善対策

バリ(flash) 目次1 バリ(Flash)とは?2 機械のチェック3 クランプの懸念4 プロセス関連の不良問題5 バリの不良原因と改善対策 バリ(Flash)とは? 部品のバリ(Flash)は、プ …

用語集

【射出成形】シルバーストリークの不良原因と対策

目次1 シルバーストリーク(Silver streaks)とは2 シルバーストリーク(Silver streaks)の主な不良原因2.1 水分による原因2.2 空気 による原因2.3 劣化し …

用語集

【射出成形】焼けの不良原因と改善対策

樹脂焼け 目次1 焼け(Burn Marks)とは?2 射出成形品の焼け跡の主な不良原因と改善対策2.1 充填部の最後に焼けが発生したケース2.2 樹脂が炭化しています。溶融段階に入ると、炭化した樹脂 …

用語集

【射出成形】フローマークの不良原因と改善対策

目次1 フローマーク(flow mark)の不良原因と改善対策1.1 細い溝形状のフローマーク1.2 表面流れのフローマーク1.3 速い流量によって発生するフローマーク フローマーク(flow mar …