化学用語 用語集

エマルジョン(emulsion)とは

エマルジョン(emulsion)とは油性物質が水の中に分散している状態、または水が油の中に分散している状態です。乳濁液とも呼ばれる状態で、エマルジョンを発生させることを乳化、乳化させるために添加する物質を乳化剤と呼びます。 

通常、水と油性物質は混じり合わない性質があって分離します。しかし、両親媒性を持つ物質が含まれていると適度に混じり合ってエマルジョンを形成します。両親媒性物質として典型的なのは洗剤や石鹸などの界面活性剤です。界面活性剤が添加されるとミセルを形成し、ミセルが分散して白濁したエマルジョンを形成します。油性物質が水中に油滴を形成する場合にはO/W型、水が油の中に水滴を形成する場合にはW/O型として分類されるのが一般的です。 

エマルジョンの身近な例としてマヨネーズや化粧品の乳剤、絵具などがあり、日常にありふれているだけでなくさまざまな製品の製造に用いられています。ポリマーでは合成樹脂の粒子を水中に分散させて白濁した溶液を製造する目的でエマルジョン現象を活用します。水中で乳化剤の存在下においてモノマーの重合反応を進行させることでミセルを形成させるエマルジョン技術も開発されていて、効率的に合成することが可能です。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-

関連記事

lca cfp

発熱反応・吸熱反応(exothermic reaction/endothermic reaction)とは

発熱反応・吸熱反応(exothermic reaction/endothermic reaction)とは化学反応の進行の際に発生する熱についての反応の分類です。発熱反応では化学反応が進行したときに熱 …

lca cfp

重合度(degree of polymerization)とは

重合度(degree of polymerization)とは高分子を構成するモノマー単位の数を指します。モノマーAを単独重合させてAAA…Aという高分子を合成した場合にはAの数が重合度です。モノマー …

lca cfp

SS(Steel Structure)

鉄板のことを指します。元々JISの記号からきた通称。

lca cfp

比重とは(specific gravity)

目次1 比重とは2 主なプラスチックの比重一覧 比重とは 比重とは、ある物質の質量とそれと同体積の標準物質の質量との比です。 標準物質 個体、液体 → 4度の水気体 → 標準状態(0度、1気圧)の空気 …

lca cfp

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは

生分解性ポリマー(Biodegradable polymer) 生分解性ポリマー(Biodegradable polymer)とは環境中に置いておくだけで有意な速度で分解が進行していき、分解物が自然に …