化学用語 用語集

開始剤(initiator)とは

開始剤(initiator)とは化学の分野では反応の開始を促進するための物質を指します。安定な物質も開始剤によって反応を促進することで通常は起こらない反応が進むようになります。特にポリマー合成では重合反応を進めるための反応剤のことを開始剤または重合開始剤と呼ぶのが一般的です。

開始剤は高エネルギー化合物なのが共通する特徴です。高エネルギーで高い反応性を有する物質を反応系中に発生させることで重合反応を開始させます。典型的なのはラジカル開始剤です。過酸化物やアゾ化合物がラジカル開始剤としてよく用いられています。過酸化物は結合エネルギーが低い酸素-酸素結合を持つのが特徴で、熱や光によって結合開裂を促進することによってペルオキシラジカルが発生します。ペルオキシラジカルによってラジカル連鎖反応が引き起こし、重合反応を進行させることが可能です。アゾ化合物の場合にも熱または光による刺激で窒素分子の脱離を進行させ、アルキルラジカルなどのラジカル種を発生させることができます。

重合開始剤は重合反応の種類に応じて選定することが必要です。イオン重合ではアルキルリチウムやカルボカチオンなどが開始剤になります。反応の性質を考慮して開始剤を選ぶことで反応の制御をしやすくなります。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-, ,

関連記事

lca cfp

芳香族(aromatic)とは

芳香族(aromatic)とは不飽和環状化合物でベンゼン環やヘテロ環などの種類があります。不飽和結合や窒素、酸素などの非共有電子対が共役することで、エネルギー的な安定化を受けている環状化合物なのが共通 …

lca cfp

極性溶媒中で非極性の疎水性分子や非極性官能基が凝集する疏水効果

疎水効果(hydrophobic effect)とは極性溶媒中で非極性の疎水性分子や非極性官能基が凝集する効果です。疎水効果は水中で両親媒性分子がミセルを形成する現象のように親水性分子同士、疎水性分子 …

lca cfp

有機分子触媒反応(Organocatalysis)とは

L-proline 有機分子触媒反応(Organocatalysis)とは古くから化学反応の触媒としてよく用いられてきた金属を用いずに、有機分子を触媒として用いる反応です。 医薬品合成などの精密有機合 …

lca cfp

分子間力は静電相互作用によって制御される斥力・引力

分子間力(intermolecular force)とは分子同士に働くさまざまな種類の引力です。拡散によって接近した分子の間に分子間力が働くことで分子間反応が起きたり、複合体が形成されたりします。分子 …

lca cfp

pHとは

pHとは水素イオン指数や水素指数、水素イオン濃度指数と呼ばれる物理量です。希薄溶液のpHは水素イオンのモル濃度の常用対数に相当します。希薄溶液における計算式は水死音濃度を[H+]とするとpH=-log …