成形機械・成形方法 用語集

【押出し成形】成形不良対策(ゲル化・ダイライン・ブツ・偏肉・フローマーク・肌荒・パリソンのウェルドライン/湾曲)

押出し成形の不良対策一覧

成形不良原因対策
ダイライン異物の混入
金型不良
成形材料を変更する
クロスヘッドダイラインの掃除
偏肉ダイセットの不良ダイセットの再調整
パリソンのウェルドライン金型不良
樹脂温度が低い
金型を修正
樹脂温度を高くする
肌荒離型不十分
材料が合っていない
ダイ温度を上げる
材料変更
パリソンの湾曲押出し速度が早い
ダイの構造不良
ダイセンタの設定不良
温度が均一でない
押出し速度を上げる
ダイを修正する
ダイの調整
ダイ温度を均一にする
フローマークシリンダ内、ダイの中の樹脂の偏流シリンダ、ダイの温度調節
スクリュー回転数の調節
ブツ塵の混入
焼け
成形材料を変更する
ダイ、成形機械の掃除
ゲル化不良成形材料の不良
充填剤の分散不良
成形材料を変更する
シリンダ温度、ダイ温度を高くする
このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-成形機械・成形方法, 用語集
-, , , , , , , , ,

関連記事

lca cfp

コポリマー(二元共重合体/copolymer)

一般的に共重合体とは、2種類以上のモノマー(単量体)を重合させ、ポリマー(重合体)にしたものを指します。但し、もう少しく説明すると、2種類のモノマー(単量体)を用いたものをコポリマー(二元共重合体)。 …

lca cfp

リビング重合(living polymerization)とは

リビング重合(living polymerization)とは活性種が反応系において安定に存在する重合反応です。リビング重合出ない場合には活性種が反応系で停止反応を受けてしまい、自然に重合反応が止まり …

lca cfp

可逆反応(reversible reaction)とは

可逆反応とは原系から生成系への進行だけでなく、生成系から原系への進行も起こる反応です。想定している正方向の反応とは逆方向の反応もエネルギー的に起こり得るときに可逆反応と呼びます。 可逆反応は原系と生成 …

lca cfp

オキシム(oxime)とは

オキシム(oxime)とは炭素-窒素の二重結合を持つイミンのうちで窒素上の置換基が酸素原子になっている有機化合物です。窒素上の置換基が水酸基の場合をオキシム、アルコキシ基の場合にはオキシムエーテルと区 …

lca cfp

水素結合(hydrogen bond)とは

水素結合(hydrogen bond)とは酸素や窒素などの電気陰性度が高い原子に共有結合している水素と、他の官能基の非共有電子対の間で起こる非結合性の相互作用です。アメリカの化学者ポーリングによって提 …