用語集

【機械特性試験】引張強さ試験(JIS K 7113)

ダンベル型試験片を使い、荷重及び引張速度をかえて試験を行います。熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂、強化プラスチックについて規定されています。

引張り強さ

σ=F/A

σ:引張降伏強さ、引張破壊強さ、規定ひずみ降伏強さ [kg/mm2] [N/mm2]。

F:降伏等、最大荷重時、破壊時、規定歪みにおける荷重 [kg/mm2] [N/mm2]。

A:試験片の元の最小断面積。

伸び

l=(L-Lo)/Lo×100

l:引張降伏伸び、引張破壊伸び、引張最大荷重伸び [%]。

L:降伏時、破壊時、最大荷重時の標準線間距離

Lo:元の標準線間距離 [mm]

引張弾性率

引張応力 – ひずみ曲線のはじめの部分で平行に引いた直線で

Em=⊿σ/⊿ε

Em:引張弾性率 [kgf/mm2] [N/mm2]

⊿δ:直線上の2点間の元の平均断面積による応力差

⊿ε:同じ2点間のひづみの差

引張耐力

δos=Fos/A

δos:規定した永久ひずみに対する引張耐力 [kgf/mm2] [N/mm2]

引張割線弾性率

予備荷重を加えない場合

Esc=Fs/A

Est:規定したひずみにおける引張割線弾性率 [kgf/mm2] [N/mm2]

Fs:規定したひずみを生じるに要する荷重 [kgf] [N]

A:試験片の平均断面積 [mm2]

予備荷重を加えた場合

Es=Fa-Fs/εaA

Esc:規定したひずみεaにおける引張割線弾性率

Fa:予備荷重によって生じたひずみを出発点として、規定したひずみεaを生じる荷重 [kgf] [N]

εa:予備荷重によって生じたひずみを出発点とし規定したひずみ

A:試験片の元の断面積 [mm2]

※1号形試験片:熱硬化性樹脂積層板、硬質熱可塑性樹脂成形材料に主に用いられる
※2号形試験片:ポリエチレンや軟質塩化ビニルなどの成形材料もしくは押出しコンパウンドに主に用いられる

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-, , , ,

関連記事

用語集

エンジニアリングプラスチック(エンプラ) とは

エンプラとは、エンジニアリングプラスチック(Engineering plastic)の略語であり、一般的には金属代替で使用出来得るプラスチック樹脂と言われています。 エンプラの特徴としては、耐熱性の高 …

用語集

アミド結合(amide bond)とは

アミド結合(amide bond)とはカルボン酸とアミンの脱水縮合によって形成される炭素―窒素結合です。広い意味ではカルボニル基とアミノ基によって構成される構造全体を指します。環状構造の場合には分子自 …

用語集

SUS(Steel Use Stainless)

ステンレスを指す言葉。JIS記号からきた通称。

用語集

FRP(繊維強化プラスチック)とは

FRP(Fiber Reinforced Plastics)とは、樹脂プラスチックにガラスなどの繊維を混合させ、強度をアップさせた複合材料です。繊維強化プラスチックとも呼ばれます。 FRPの特徴に関し …

用語集

【押出し成形】成形不良対策(ゲル化・ダイライン・ブツ・偏肉・フローマーク・肌荒・パリソンのウェルドライン/湾曲)

押出し成形の不良対策一覧 成形不良原因対策ダイライン異物の混入金型不良成形材料を変更するクロスヘッドダイラインの掃除偏肉ダイセットの不良ダイセットの再調整パリソンのウェルドライン金型不良樹脂温度が低い …