化学用語 用語集

1,3-双極子(1,3-dipolar)とは

1,3-双極子(1,3-dipolar)とは3つの原子が共有結合をしていて、形式電荷を持つ2つの原子とπ結合によって形成されている共鳴構造を持つ分子構造です。プラスの形式電荷を持つ原子が中心になり、隣接する一方の原子と二重結合または三重結合、他方の原子と単結合を形成していて、単結合でつながっている原子にはマイナスの形式電荷があるのが一般的です。 

1,3-双極子として典型的なのはオゾン、ニトロ化合物、アジド化合物、ニトリルオキシド、ニトロン、イリドです。オゾンは3つの酸素原子が連続的に結合している分子で、中心にある酸素はプラスの形式電荷を帯び、両端の酸素原子は等価でマイナスの形式電荷を帯びています。対称分子の場合には電荷分布に偏りはありませんが、ニトロンのように形式電荷が酸素上または炭素上に分布する場合には電気陰性度の大きい酸素の方にマイナスの電荷が偏って分布します。共鳴構造としても寄与が大きいため、1,3-双極子の反応性にも影響を及ぼす要素です。 

1,3-双極子はπ結合を有するアルケンやアルキンなどに対して1,3-双極子付加反応を起こします。協奏的な環化反応が進行するため、アルケンに対してシス付加を起こす立体特異性があるのが特徴です。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-, ,

関連記事

lca cfp

エステル結合(ester bond)とは

エステル結合とは酸と水酸基の脱水縮合によって形成される共有結合です。狭義ではカルボン酸とアルコールによって形成された結合を意味しますが、広義ではスルホン酸やリン酸などの無機酸との脱水縮合によってできた …

lca cfp

耐候性試験(Weathering test)とは

耐候性試験(Weathering test)とは、プラスチックの耐劣化性試験のひとつ。自然の天候、または、人工の条件下における材料やコーティングの劣化具合を調べる試験のこと。 また耐候性試験は、材料や …

lca cfp

脆化(ぜいか)温度-brittle(ness) temperature/brittle pointとは

脆化(ぜいか)温度[brittle(ness) temperature / brittle point]とは、脆化点ともいわれ、一般的にプラスチックを低温環境にさらし、脆性破壊が起こる限界温度のことを …

lca cfp

メタン(CH₄/methane)とは

メタン(CH₄)は最も単純な構造の有機化合物で、1つの炭素原子に4つの水素原子が共有結合しています。常温常圧で無色無臭の気体で、天然ガスの主成分です。メタンは都市ガスとして用いられていて、完全燃焼する …

lca cfp

電子環状反応(pericyclic reaction)とは

電子環状反応(pericyclic reaction)とは共役しているπ電子系における協奏的な環状化合物の形成反応です。広義では環状化合物が開環する反応も電子環状反応と呼びます。ペリ環状反応とも呼ばれ …